ワンオペ育児はやっぱり辛い。夫単身赴任3ヶ月目にして爆発!

1月に夫が単身赴任をしてから早3ヶ月。

その間当然ですがワンオペ育児になりました。

そしてとうとう心身ともに限界が…!

ズボラにのらりくらり生きてきましたが、毎日家事して育児して平日は毎日働きに出てて…

もうしんどい!あれも嫌これも嫌といろんなことが嫌になって気付けばいい年こいたおばさんがひとり大号泣。

程度はそれぞれ人にもよると思いますが、やっぱりワンオペ育児は辛いものです。

辛い!と爆発し、その後私はどうしたのか。

よろしければお付き合いください。

 

ワンオペ育児は辛いけど見ぬふりをしてきた。そして爆発。

ワンオペ育児の何が辛いって、心身共に余裕がなくなることじゃないでしょうか。

大変なのはわかっていたのでできるところは手を抜いてみましたが、一人でほとんどの事をこなさないといけないのは想像以上に負担でした。

しかし自分で言うのもあれですが、右向け右の真面目なThe日本人タイプの私は「私より大変な人もいるし、自分は恵まれている方だ」と思い込み自分の中のしんどいとか辛いなどという思いを見てみぬふりしてしまいました。

お調子者で1日中喋っている娘と、イヤイヤ期で暴れまわりすぐに地団太を踏む息子。

下の家から騒音の苦情を2度も受けているのに叱っても構わずドタバタと騒がしい子供達。

家がなかなか売れず週末が来るたびに内覧来るかなと掃除に気を張り、内覧がいつ来てもいいようにと家事も気を抜けず、仕事も年度末で退職するので引継ぎできるようにあれこれ考えて毎日常に何かしら忙しく落ち着くことがありませんでした。

そんな日常で季節も冬だったので子供達は風邪をひき、疲れが抜けない私にもうつる最悪のパターンも起きました。

ですがゆっくり休んでいるわけにもいかず、不調を引きずったまままたいつものハードな毎日を過ごし、心身ともに疲れきっていました。

あ、疲れてるな、これはこのままだと調子が停滞するな。

30年も生きていればそんなことも察せられますが、ワンオペ育児はお構いなしに毎日いろんなことをふっかけてきます。

なので自然と自分の不調から目を背けて走り続けました。

 

そんなある日。

 

具体的なきっかけはないのですが、その日は朝から子供たちが同調して大騒ぎで言うことをなかなか聞きませんでした。

そして休日なのに不動産屋からの連絡や内覧の予定もありませんでした。

 

気付いたら私は子供達を怒鳴り散らし子供部屋に追いやって、自分はキッチンにこもり号泣。

これといった明確なものはないけど、小さいことがたくさんたくさん重なったこの日々がとにかく嫌でたまらなくなりいい年こいて大号泣。

この時ようやく自分はしんどかった、辛いと思っていたと認めることができました。

しばらく泣いて落ち込んでぼーっとする頭でこれからどうするかを考えました。

 

ワンオペ育児は辛いんだ!でも頑張りたいから傾向と対策を考えた

3か月間のワンオペ育児生活を突っ走ってきてつもりつもったものが突如爆発。

一人であれこれやるのは辛いと気付き大号泣。

子供達にも八つ当たりで怒鳴り散らしてしまいそれもまた罪悪感。

ですがひとしきり泣いたら少しすっきりしたので、今度はどうしようかとこれからの事を考えました。

 

辛いものは辛いと認める=見てみぬふりしてきたら余計しんどかったしついには爆発した

一人なんだからちゃんとやることは難しいと認識しあきらめる=極端だけど誰も死ななければいいと考えたら気分が楽に!

近所に頼れる身内などはいないので普段から最悪の場合を考え食材や家事のストックなどできることを先取りして備えておく。=安心感を確保しておくと気持ちの余裕も生まれる

自分以外での不安要素・ストレス要素の洗い出し=私の場合家が売れないことが最大のストレスだったので不動産屋業者の変更を視野に入れて行動

家と保育園、職場の往復しかしていなかったので子供との時間が長く感じた=友人やママ友を誘って大人と話す機会を作った(子供と話した記憶しかない日が多々ありました…)

 

号泣事件のその日はさすがに落ち込んだままでしたが翌日からできそうなことは実践して自ら辛い状況を回避できるようにしていきました。

 

落ちるところまで落ちたのであとは上がるだけです!

 

 

まとめ

夫の単身赴任でワンオペ育児生活が始まって3か月。

頑張りすぎて辛いという現実から目を逸らしていたらとうとう爆発し、号泣してしまいました。

ひとしきり泣いたあと私は自分を客観的に見て今後のために傾向と対策を考えました。

何が辛いのか、どうしたら気持ちを上げていけるのか、そもそも頑張りすぎる必要はないということを理解する。

自分の頑張りを認めるだけでも心持ちは変わりますし、ここだけの話号泣したら少しすっきりしました(笑)

ストレス解消のために泣く涙活というものもあるらしいですね。気になる。

しんどさも立ち直り方も人によって違いますが、ワンオペ育児というのはやはり大変です。

もし周りで一人で頑張っている人がいたらそっと応援してあげてください。

大人と話すだけでも結構ストレス解消効果あります。

ワンオペ育児を頑張っているお父さんお母さん、しんどいですよね!

疲れるしイライラするし。

子供の成長を楽しみにお互いほどほどにやりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です