不動産の専任媒介契約をとうとう解除!どんな風に?注意点は?

マンションの売却を大手不動産屋に専任媒介で依頼してから早3か月。

これまでにも何度か書いたと思いますが、この3か月で来た内覧はたったの3件。

年度末で引っ越しが多いであろう良い時期にもかかわらず散々な状況。

我が家の引っ越しリミットも迫っていて、このままのペースではまずいだろと担当の不動産屋から気持ちが離れてしまっていたのもあり、先日とうとう専任媒介契約を解除しました!

どんな風に解除に至ったのか、解除する際の注意点や我が家はどんな風に解除したのかをご紹介します。

 

我が家が大手不動産屋に別れを告げるまで

大手不動産屋に我が家の売却を専任媒介契約で依頼してから3か月。

先にも書いた通り、内覧はたったの3件。

年度末で転勤や異動も多く動きのある時期だと思っていましたが、たったの3件です。

大手のネームバリュー、営業マンの雰囲気を信用しきっていましたがこの結果に違和感を持ち、このまま待っていたらいけない気がしていました。

3か月が過ぎて契約期間が終わりましたが営業マンに言われるがまま契約更新を渋々しました。

しかしこのままではいけない気がすると現状と我が家の思いを伝えて、ホームページ掲載の写真が生活感にあふれていたので片付けた家を撮り直してもらい、セールスコメントの部分もいまいちだったので推してほしいポイントと修正案を伝えました。

営業マンは早速やります!と言ってやってくれたのでしょうが、写真は中途半端に更新。

生活感溢れるリビングとスッキリ片付いたリビングの写真がビフォーアフターのように掲載される珍事態に。

セールスコメントも一番伝えてほしかった部分を端折られ、私の気持ちもすっかり途切れてしまいました。

単身赴任の夫に一部始終を報告していましたが、夫もこれはもう無理だと判断。

翌週には専任媒介契約を解除しました。

契約期間の3か月と更新してから2週間たらずのことでした。

 

不動産屋との専任媒介契約を解除する時の注意ポイント

専任媒介契約を解除するなら3か月の更新のタイミングが一番もめずにスムーズにできると言われています。

しかし我が家は更新をした後。

更新後の契約解除は違約金をとられるんじゃないかと内心ドキドキしました。

うっかり違約金取られたりもめたりすることのないように注意点と解除の時の体験談をご紹介します!

 

〈契約解除の注意点〉

・解除タイミングは3か月の更新の時がベスト。

・解除の際は明確な理由を持つこと。

・横柄な態度やぞんざいな営業をした営業マンは別ですが、基本的にみんな売りたくて頑張っているのでなるべく角が立たないように言ってあげるとお互いの精神衛生上◎

・後でもめることの無いよう、専任媒介契約の書類はしっかり目を通し、手元に保管すること。

・家族内の意見は統一して。

・次の不動産屋に依頼する際はしっかりと解除の確認をしてからの方が安全。

・解除方法も書面や口頭など不動産屋によってやり方があるので要確認。

 

さて我が家は先ほどもお話ししたように更新後の解除でした。

営業の結果が出ていないことと、ホームページの更新がひどかった、営業マンが言われっぱなしの弱気な営業だったという理由での解除。

結果から言うと特に違約金を請求されることもなく、口頭のみで解除できました。

なぜ更新の時が断りやすいかは想像つくと思いますが、また次営業活動をさせるとその分不動産屋に広告費や人件費などの負担が発生します。

それを途中で断ればその分不動産屋が損をしますよね。

何か事情があって売却を中止することになったとか、結果があまりにも出ていないなど明確な理由があればいいのですが、なんとなくとかそういった納得のできない理由で契約途中で解除すると今までの広告費などを請求されてしまう場合もあるんだそうです。

不当な理由での解除は費用請求ができると法律で認められていて、契約の際の書類にも書かれていると思うので時間はかかっても契約書類には目を通して把握しておきましょう。

我が家は主人が単身赴任で不在。

なので基本的に私が対応していましたが、重要な場面では主人に電話で対応してもらっていました。

普段から密に連絡を取り合って、しっかりと意思をまとめておかないと家庭内でももめる原因にもなりますので気を付けたいポイントです。

 

主人が解除したい旨を昼間に電話すると、夕方営業マンが上司を連れて我が家に引き留めに来ました。

営業マンが来ることは聞いていましたが、上司を連れてくるというのは全く知らず戸惑いました。(これは愚痴です。笑)

しかし夫婦の意見はすでに固まっていたので、すみません、ありがとうございましたと理由も述べて丁重にお断り。

営業マンは涙目でしたが、結果が出ていない以上こればかりは仕方ありませんよね(´・ω・`)

そして解除したその後のことですが、引き続き売却活動をする人は他の不動産屋に依頼すると思いますが、ここでしっかりと解除ができていない状態で他社と契約すると二重契約になって、売り主に不利が生じます。

我が家も口頭での解除だったので言った言わないのもめごとにならないか不安でしたが、主人がダメ押しで再度、解除したこと、他社に依頼したことを伝えてくれたのでもめることなく乗り換えることができました。

引き止めの際に色々なことを言われて一瞬揺らぎましたが、乗り換えてよかったと思います。

他の不動産屋と契約した翌日には内覧者を見つけてくれて今かなりいい感じに話が進んでいます(*’▽’)

 

 

まとめ

我が家が不動産屋の専任媒介契約を解除したお話と、解除の際気を付けた方が良いポイントのご紹介でした!

契約更新後の解除で正直かなりドキドキしましたが、無事に乗り換えられてよかったです。

家の売買は大きな額の取引になりますので信頼できる不動産屋に依頼したいですよね。

他に信頼できる不動産屋を見つけて、なおかつ明確な解除理由がある方は解除して他社に乗り換えても全然良いと思います!

トラブルが起きないように、書類はしっかり目を通して家族一丸となってからの行動をおすすめします。

精神的にとても労力のいることですが、やってみたら思いの外あっさりできました。

解除してからはかなり気分が軽くなったので、解除、他社への乗り換えはやってよかったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です