ベビーマッサージオイルの種類別!愛用者が選ぶレビュー5選!

ベビーマッサージの必須アイテムと言えばオイル。
摩擦を減らしてお肌への負担を軽減し、滑りもよくなるので無駄な力を入れることなくマッサージできるので必ず使いましょう。

ではどんなオイルを使えばいいのか、オイルの種類と共に私の独断と偏見でレビューしてみます!
※量やお値段は私個人のリサーチなので参考程度にご覧ください!

ベビーマッサージオイルの種類別!愛用者が選ぶレビュー5選!

1. 名前にベビーとつくくらいだし…「ベビーオイル」

手に入れやすさ★★★★★
お値段★★★★★ 300ml/700円前後から
入門編に★★★★★

ベビーオイルはお家にある方多いと思います。
私も長女出産の時にとりあえずこれかなと思い1本用意しました。

ドラッグストアやベビー用品店には必ずと言っていいほど置いてあるので購入しやすく、価格も安めです。

我が家にあるのはジョンソンエンドジョンソンの無香料タイプですが、ボトルがポンプタイプなので、マッサージ中につぎ足すとき便利です。

ベビーマッサージはオイルをたっぷり使うので傍らにオイルを用意しますが、入れ物によってはお子さんやママが動いた拍子にこぼれることもあり得るので、ボトルタイプは本当に便利だと思います!

オイルこぼすとか想像しただけでヒェェ((+_+))ってなりますよね(笑)

2. ベビーマッサージにこなれ感を!「オリーブオイル」

手に入れやすさ★★★★☆
お値段★★★★★ 100ml/ショップなら900円前後から、薬局なら500円前後
玄人感★★★★☆

オリーブオイルはキッチンにあるよという方、残念なお知らせです。

キッチンに置いてあるオリーブオイルとは違うんです!

マッサージオイルが置いてあるようなお店で買うか、薬局で購入できます。

薬局で購入する方が安く買える場合が多いので、もし私が買うならもちろん薬局で( *´艸`)

では、食用のオイルとは何が違うのでしょうか?

答えは精製度合いです。

第3類医薬品にも分類されていて、やけどやかぶれなどで炎症した皮膚の保護を主な目的として販売されているので、不純物がないようしっかりと精製されています。
日焼けしたお肌にもいいので夏場うっかり日焼けしてしまった時にも使えます♪

こちらは食べれなくはないのでしょうが、しっかり精製されているので食用と比べて味や風味は薄く、あまり美味しくないかもしれません(;^_^)

また、化粧品用に売られているものには酸化防止剤やパラベンなど添加物が入っているものもあるので、食べるのは食用のみにしてくださいね!

子供の保湿何使ってる?とママ友との会話でオリーブオイル使ってマッサージもしてるよと返ってきたらびっくりしませんか?

そこに精製の度合いが~とうんちくを言えたらちょっと玄人っぽくないですか?
すみません、完全に独断と偏見です(笑)

3. クリアなゴマ油!「太白胡麻油」

手に入れやすさ★★★★★
お値段★★★★☆ 300ml/700円前後から
万能さ★★★★★

「たいはくごまあぶら」と読みます。
ベビーマッサージの先生が教えてくれるまで私は「ふとしろごまあぶら」だと思ってました(笑)

こちらは大きめのスーパーやオシャレな輸入食品のお店、ネットで買えます。
うちの近所のスーパーには普通に油コーナーに鎮座しています。

普通のごま油との違いは、油をとる前にごまを焙煎しているかどうか。
一般的なごま油は焙煎してから油を採るので黄金色していますが、太白胡麻油は焙煎せずに油をとるので無色透明で胡麻油独特の香りがないのが大きな違いです。
ベビーマッサージに使うメリットとしては食用なので口に入っても安心なところですね(⌒∇⌒)

こぶししゃぶりや指しゃぶりが好きな子もいますし、そういった時期の子には特におすすめのオイル◎

万が一使わなくなっても食用なので、使い道は大いにあります(笑)

嬉しいことにノンコレステロールなので、サラダにかけて美味しくヘルシーにいただけますよー。

4.一度は耳にしたことがある?「ホホバオイル」

手に入れやすさ★★★★☆
お値段★★★☆☆ 100ml/2000円前後から
何となくオシャレ感★★★★☆

一度は耳にしたことある方多いんじゃないでしょうか、ホホバオイル。

私の周りで使っているという人は無印良品で買うことが多いみたいです。

実際無印良品でもいくつかサイズ展開していて人気商品のよう。
何となくオシャレな感じがするのは私だけでしょうか?

ベタつきも少なく肌なじみがとても良くて、最も刺激の少ないオイルと言われているそうです。

ホホバオイルにはゴールデンとクリアの2種類がありますが、ゴールデンは無精製のもので不純物が入っている可能性がありますので、加熱処理で生成されているクリアの方がベビーマッサージには安心して使えます。

というか、クリアの方が流通量も多く価格もお安めなのでクリア一択ですね( `―´)ノ

5.プロがよく使う「スイートアーモンドオイル」

手に入れやすさ★★★☆☆
お値段★★☆☆☆ 250ml/3000円前後
プロっぽさ★★★★★

私の行ったベビーマッサージの先生が使っていたオイルがこちらのスイートアーモンドオイル。
オイルセラピーなんかでよく使われているオイルらしいです。

こちらもサラッとしていて肌なじみが良く、刺激も匂いも少なめでベビーマッサージ向きのオイルです。

オイルの性質を生かしてキャリアオイルとしてアロマオイルを合わせて使われることも多いようですが、ベビーマッサージに使用するときは必ずスイートアーモンドオイル単体で使用してくださいね!

スイートアーモンドオイルは食用オイルもあるらしいのですが、オリーブオイル同様必ず用途に合ったものを使ってください。

まとめ

以上、私個人の超独断と偏見でベビーマッサージオイルを種類別にレビューしてみました。

ちなみに私はベビーオイル愛用者です。

先生はマッサージが終わって手に残ったオイルは、拭いたり洗い流したりしてもいいけど、私は髪につけるのよとおっしゃっていました。

試しにつけてみたけどしっとりして産後の気になるアホ毛もいい感じにおとなしくなりました。

冬場は特に髪の乾燥防止や静電気軽減にも効果があっていい感じ。

なので私は絶対無臭のオイルを選ぶようにしています。

親子でお気に入りのオイル、見つかるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です