赤ちゃんへのマッサージはいつまでできる?教室で聞いた驚きの答え!

先日長男を連れて、近所の児童館で月に1度開かれているベビーマッサージ教室に行ってきました(*’▽’)

その中で講師の先生が赤ちゃんへのマッサージ(ベビーマッサージ)はいつまでやっていいの?という疑問に先生ご自身の体験談を交えてお答えくださいました。

赤ちゃんへのマッサージはいつまでできるの?

ベビーマッサージはいつまでできるのかご存知ですか?

まず結論から言いますと

ベビーマッサージは年齢関係なくいつまでもできます。

これを聞いたママ達はそれってベビーマッサージというかただのマッサージでは!?とザワザワしていました(;’∀’)

赤ちゃんへのマッサージは、手足への刺激が運動機能の発達を促したり、全身触ることで発疹などの体調の小さな変化に気づけることができます。

そして何よりスキンシップで親子の絆を深める効果があるとか。
そうした理由もあってベビーマッサージと呼ばれているようです。

ベビーマッサージは私たち大人がやるような力を入れて揉んだり押したりするものとは違って、たっぷりのオイルをつけて表面を滑らせるように撫でるようにやります。

わらべ歌などを歌いながら優しく語りかけつつやるのも大きな違いと言えますね。

基本的にベビーは裸で受けるのですが、嫌がれば無理強いせずそこでやめていいし、とにかく子供に安心感を与えることが大事だと先生はおっしゃっていました。

ここまでの話を聞いているとやっぱりベビー限定なのでは?と思いますよね。

ですが先生の息子さん、もう大学生なのに未だにマッサージしているそうなんです。

赤ちゃんじゃない子へのマッサージはいつまででも効果があるの?

「うちの息子大学生だけど未だにマッサージしてるのよ」という先生の言葉に再びざわつくママ達。

「え、まさか息子さん裸で…?」と恥ずかしい質問をしそうになりましたが、先生はこう続けました。

「さすがにもう大学生だから時々だし、腕とか脚とかちょこっとだけよ」

この言葉に会場の空気がホッとしたのを感じました。

うっかり変な質問しなくてよかった…(笑)

時々だしちょっとだけとは言っていましたが息子さんが言うにはこの年でも効果はそれなりにあるそうです。

先生の息子さんは大学でスポーツをされていて、試合の前に手や脚を軽く揉んでもらうとコンディションが整うとか。

それとこれは先生側からの視点ですが、東日本大震災があった時に余震が続いたり暗いニュースが多くて、息子さんは表にこそ出しませんでしたがやはり不安だったようです。

当時息子さんは中高生で思春期真っただ中。普段は触られるのを嫌がっていたのに「触っていいよ」とマッサージをさせてくれて多分それが心の調和を保つ手助けになっていたのだと思うとおっしゃっていました。

先生が大学生の息子さんにベビーマッサージを続けられた訳

先生の話を聞いてベビーマッサージはいつまででもできると分かったのですが、先生はなぜ息子さんが大学生になっても続けることができたのでしょうか?

一般論で言えば成人近くの子供が親に触れられるのってそれなりに抵抗がありますよね。

私なら全力でやめてと止めます。(笑)

私は思わず「先生と息子さんが特別仲良かったから、大学生になってもベビーマッサージを続けられてるんじゃないですか?」と聞きました。

ですが返ってきた答えはとてもシンプルでした。

「続けること。」

先生の息子さんも赤ちゃんの頃からベビーマッサージを続けてきたそうです。

お風呂上りや朝のおむつ替えの時にでもちょこっとでいい。

「マッサージ気持ちいいね」と言いながらちょっと足の裏を揉んだり、お腹をさすったりするだけでいい。
それをできれば毎日、ちょっとずつでいいから続けること。

続ければ習慣になるし子供自身も気持ちいいと思うようになるはず。
それを成立させる大事なポイントは無理をしないこと。

やらなきゃと毎日ノルマにしてカツカツになるくらいなら思い出したときにちょっとでもいいからやってあげる。

その方が気が楽だし、やらなきゃと焦ってるママの顔を見てお子さん喜ぶと思いますか?
そう言われて私はハッとしました。

3年前同じように長女をこの会場に連れて行った時は、場所見知り人見知りで大泣きしてまともに受けることができませんでした。

ですがその時も先生はちょっとでいいから、機嫌がいいときにでも「気持ちいいね」ってマッサージしてあげてと声をかけてくださっていたのです。

当時は長女が激しく泣いていてそれどころではなく、すっかりその出来事を忘れていたのですが、なんとなくお風呂上りに保湿剤を塗るついでにやわらかいねーと言いながら股関節などのマッサージをしていました。

そのおかげで現在4歳の長女はとても柔軟な体をしています。

無意識ながらベビーじゃなくてもベビーマッサージの効果を実感した瞬間でした。

まとめ

ベビーマッサージは赤ちゃんへじゃなくても、いつまででもできます。

子供が大学生になってもやっている方もいます。

ですがそのためには毎日少しずつでいいから続けましょう。

そしてそれを習慣にするには、やらなきゃ!と義務にすると施術するママが気分的にしんどくなってしまい意味がなくなるので、気が向いた時や何かのついでにやるなど気軽にやることが大事ですね(^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です