母乳育児最後の壁、断乳!我が家でのやり方と体験談


母乳育児をしていて、子供の月齢が進むごとにやってくるよくあるお悩みが断乳。

いつ、どんな風に、どうやって断乳したらいいのか断乳の仕方に迷う方は多いのではないでしょうか?

2人の子供を母乳育児して2人とも卒乳ではなく断乳した私の体験談と、私のママ友のやった断乳の仕方もご紹介します!

親子の数だけ断乳のやり方はありますので参考程度にご覧ください(;´∀`)

断乳の仕方の前にそもそも卒乳と断乳の違い


私も一人目の時はよくわからずにごちゃ混ぜになっていたのですが、卒乳と断乳の違いってなんだと思いますか?

簡単に言うと子供の意思でやめるのが卒乳で、子供以外の意思でやめるのが断乳です。

卒乳は語りかけをして子供自らが欲さなくなるように持っていくのを手伝ったり、離乳食で食への気持ちが一気に開花して自然と飲まなくなったということもありますが、何もせず自然に任せるという方もいらっしゃるようです。

一方断乳は歯が生えてきて虫歯が心配だったり、お母さんの負担減を期待して行ったり、病気などのやむを得ない状況など様々な理由で飲ませないようにします。

断乳を考えているけど特に添い乳で寝かしつけているというお母さんは、授乳しないと寝てくれないんじゃ…なんて不安じゃないですか?

私も子供2人とも添い乳で寝かしつけていたので卒乳にしろ断乳にしろ気が重かったです(;´Д`)

ざっくりした説明でしたが、卒乳は子供の意思、断乳は子供以外の意思で授乳をやめることでした。

どちらも誰とも比べる必要はないですがご参考までに。

断乳の仕方体験談


まずはうちの上の子、4歳の娘ですが、断乳をした時期は1歳になる頃です。

ちょうどそのタイミングで保育園入園。

超人見知り・場所見知りの娘は慣れない環境に毎日ギャン泣きでヘトヘトになって帰ってきていました。

これはチャンスなのでは?と思いどさくさに紛れて断乳したところ、2晩で諦めて寝てくれるようになりました。

やり方の流れはこんな感じです(*^^)v

4月保育園入園

毎日ギャン泣きでヘトヘトになって帰ってくる

入園から1週間ほどで「いける気がする!」と思い断乳を決意

5日前から毎日朝晩1回ずつ「この日になったらおっぱいバイバイだからね」とカレンダーを見せてカウントダウン&声かけ

風呂上がりのおっぱいをやめてフォローアップミルクにチェンジ
(最初はあまり飲まなかったけど日ごとに飲むようになった)

当日お風呂上りに「おっぱいさんバイバ~イ」と手を振らせて、泣かれても絶対あげないと決意して就寝。

枕元にお茶と抱っこひも用意

ベッドに入るも1時間泣き叫ぶ

その後2時間おきにスンスンと泣きながらも乗り切る

翌日お風呂はお父さんに入れてもらい、就寝

3時間おきくらいに起きたがお茶と抱っこでごまかして乗り切る

翌日以降は少しぐずるも授乳しなくともスムーズに寝るように

この時の断乳は夫にも前もって、この日から断乳のために声かけするから何も言わないで見守ってて!あと断乳始まったらおっぱい見せるとまずそうなのでお風呂はお願いしますと頼みました。

寝室は一緒でしたが夜中に大泣きされると夫の安眠妨害になるので別室でも寝られるように準備はしておきました。

はじめから別室で寝なかったのはいつもと違う環境だと余計に泣いてしんどくなるのでは?と考えたからです。

娘は頑固者なのでその辺りも考えて妥協点での対策を講じました。

夫は早朝に家を出て終電で帰れるかどうかのいわゆる社畜というやつで、ほぼワンオペ育児でしたが何とか夫の休めそうな土日を狙って日も決めました。

核家族でワンオペ育児されてるとなかなか難しいと思いますが、頼れるものは頼りましょう!

二人目の息子の断乳は娘の時から3年経っていて、断乳の仕方ってどうするんだっけ?あれ?卒乳だっけ断乳だっけ?状態でした。(笑)

1歳前から夏までには断乳したいと月齢の近いママ友たちと言い合っていましたがずるずると夏になりどうしようかなーと悩んでいる時に事件が!

添い乳して寝かしつけていたら、寝ぼけた息子に思いっきり乳首をかまれたのです。

結構な力でかまれてしばらく血が止まりませんでした((;´Д`))

そのおかげで激痛過ぎて授乳できなかったので図らずも断乳がスタートしました。

息子はおっぱい大好き。

授乳しないと絶対寝なかったし、おっぱいさえあればすぐにご機嫌になっていました。

なので、日常からその武器がなくなるのはかなり勇気がいりました。

息子は歯が生えるのが早く虫歯が心配だったので、1歳前にも1度断乳を試みましたが、一晩泣き続ける息子に根負けして失敗しています。

ですが、この時は思ったよりもあっさり断乳できました。

一度激痛のまま授乳したのですが、本当に痛くて泣きながら悶えながらの授乳で息子も落ち着かなかったようです。

「君に噛まれてイタタだからもうおしまいだよ」というと今までの執着が嘘みたいにスッと飲まなくなって今までのは何だったのかと拍子抜けするものでした。

多分傷も結構なものだったので飲むと血の味もしておいしくなかったのかなと思いましたが、なんにせよ本人も納得してくれたようで夜中少しだけぐずつきましたが娘の時よりも楽に断乳できました。

月齢の近いママ友のところも、一人は飲む回数が減ってきていたのでそのまま素知らぬ顔であげずに過ごしていたらそのまま飲まなくなって、もう一人はおっぱいにアンパンマンを書いたら子供の表情が固まって触りもしなくなったそうです。

ママ友の話と自分の体験で思ったのは、子供のタイミングやきっかけがどこかにあってそれがうまくかみ合えば思っているより楽に断乳できるんじゃないかということです。

他のママ友で2歳過ぎてもあげていたという人の話を聞くと多分どこかでやめられたんだろうけど、私が特に理由もないしやめるのが寂しくてあげたかったのかもしれない。と。

その気持ちもすごくわかるし、その子もママが大好きでそういう関係もいいなと思います。

このママ友のところはママの方がきっかけやタイミングがなくてゆっくりめの断乳になったようです。

断乳に大事なのはやる気よりもきっかけやタイミングに気付くこと、これが私の導き出した答えです。

断乳のやり方、断乳後編


断乳に見事成功してもそこで終わりではありません。

胸のケアが待っています。

断乳しても母乳の製造は急には止まりません。

そうなると胸が張って最悪の場合乳腺炎という激痛地獄が待っています…(;´Д`)

私も2度の断乳後すぐに胸がカンカンに張って悪寒までしました。

絞ればいいのですがここで絞りすぎるとまた母乳が作られていつまでも繰り返してしまいます。

断乳したら気をつけたいことは、胸が張って痛くなったら放置しないこと、絞るけどほんの少し痛みが和らぐ程度でやめておくこと、血行が良くなるとその分胸が張りやすくなるのでお風呂もシャワーで済ませること。

私はこれでおさまって特に気になることもなかったので終了しましたが、気になることがあったり心配なことがある方は産婦人科や助産院、母乳外来などにかかるとケアの手助けをしてくれますよ(*^^)v

まとめ

母乳育児最後の壁断乳。

断乳の仕方は人それぞれですが、タイミングやきっかけに気付ければ思っているより簡単にできます。

その後のケアもちゃんと気をつければ断乳が無事完了します。

授乳が生活からなくなるだけでも結構楽になりますよ(´∀`)

少し寂しい気もしますが、私は断乳後の快適さの方が勝りました(笑)

これから断乳を考えているママさんがスムーズに完了できることを応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です