東京ディズニーリゾートで子供に仮装させる時に注意したい3つの事!

 

大人も子供も楽しい東京ディズニーリゾート。

せっかく行くなら可愛い我が子にディズニーキャラクターの仮装をさせて、もっと可愛くして連れて行ってあげたい!

そんなこと思う親はきっと大勢いるのではないでしょうか?

そこで可愛い我が子をより可愛く!そして東京ディズニーリゾートで楽しい時間を過ごすための子供の仮装の注意点を3つご紹介します。

ディズニーリゾートでの仮装前に要チェック!子供のコンディション

東京ディズニーリゾートに行く前にまず何を優先すべきか?

もちろんそれは子供のコンディションです。

ご家族の、特にお子さんの体調は万全ですか?子供はただでなくても体調が急変しやすいですからね。

そのため病み上がりや、風邪気味など体調の不安があるお子さんを連れて行くのは、できる事ならやめておくべきです。

遠方の方やすでにチケットを購入してしまった方、チケットの払い戻しは不可ですが、日付指定ではない1DAYパスポートというチケットであれば有効期間内でしたら利用できますのでチケットをよく見てみてください。

券種によっては日付の変更ができなかったり、変更できても手数料がかかってしまう場合もありますので、不安な方は公式ホームページでご確認、または東京ディズニーリゾート・インフォメーションセンターまでお問合せください。

子供の体調はOK。それでは当日の天候はどうでしょうか?

ご存知の方も多いと思いますが、東京ディズニーリゾートは海のすぐそばです。

雨や風は結構影響されます。少しの雨だったら雨の日限定のパレードが見られたりするのでそれもよいのですが、雨の中仮装をして歩くのは一緒に歩く親もしんどいでしょうし何より子供の体力も奪っていきます。

雷雲が近づいたりものすごい豪雨になると建物内に一時避難することになり、場合によってはすし詰め状態になります。

天気予報をこまめに確認し、どういうルートで回るのか、休憩できるスペースはどこにあるのか事前にプランを立てておくとよいでしょう。

そしてもう1つ。

天候も大事ですが、更にシーズンごとに開催されるイベント。

こちらも入場者数に大きく影響します。

大型連休中はもちろん混みますし、ハロウィンやクリスマスシーズンも大変混雑します。

特にハロウィンシーズンは大人も全身仮装できる日が何日か設けられていますので、その日に行くとゲストとキャストの見分けがつきにくかったり、パーク内の人口密度がぐっと上がったりしますので迷子になる心配があります。

逆に言えばシーズンの切れ間や大型連休の前後は空いていることが多いので、初めてお子さんを東京ディズニーリゾートに連れて行くときはこう言ったタイミングを狙うのがオススメです。

その仮装、子供のサイズに合ってますか?

子供の成長は早いです。

服を買うときは大きめのサイズを購入される方も多いと思います。めったに着ることのない仮装、大きめのものを購入するとどういう弊害が起こるでしょうか?

例えば女の子の仮装で多いのは、プリンセスのドレス。

大きいドレスを着ているせいで裾を踏んで転んでしまったり、アトラクションに乗り込む際に引っかかってしまうことが起こりえますさらにドレスの中の肌着だったり肌だったりが露出してしまう恐れもあります。

いくら夢の国といってもどんな人がいるかわかりませんから。

いろんな面からの危険性を少しでも軽減してあげた方が親子で心置きなく楽しめますよね。

それと、サイズが大きいのも危険性がありますが、逆に小さいのも心配です。お下がりや、前回来園したときに着たものなど、ややきつめなもの。

胸元やお腹周り、きついと夏場は熱がこもって熱中症になりやすかったり、冬場も意外と汗をかいて肌が荒れたりすることも大いにあり得ます。

更に東京ディズニーリゾートの楽しい雰囲気の中、ポップコーンなどのおいしいスナックをつい食べ過ぎてしまい苦しくなり戻してしまう可能性もありますね。そうなると先述した体調にも関わってきます。

できることならジャストサイズ、もしくは大きめを用意するとしてもワンサイズ上までを限度にしましょう。

仮装が用意できたら、記憶と記録に残そう!

仮装の準備も万端。あとは当日楽しむだけ!ですが、ちょっと待ってください!

カメラはばっちり1日持ちますか?

よく聞く話で、デジカメの充電を忘れた、スマホしかなかったのですぐに電池が切れてしまったということが起きます。

せっかくのお子さんの可愛い姿、楽しい時間、たくさん写真に撮って残してあげてください。

まだまだ小さいうちは当然記憶に残りませんが、ある程度大きくなったころに「この時あなたはこうでね…」などと思い出話を聞かせてあげるとお子さんはきっと喜んでくれます。

当日だけでなく子供が成長してからも楽しめるようにぜひ写真はたくさん撮ってあげてください。

不安な方は持ち物にバッテリーの予備を追加すると安心です。

パーク内では使い捨てカメラも販売されているのでそれで味のある写真を撮るのもいいかもしれませんね。

まとめ

仮装はネットなどでも販売されていますし、得意な方はハンドメイドされる方もいます。

いずれにせよ、夢の国でディズニーキャラクターになりきる我が子の姿は格別に可愛いものです。

子供と一緒に東京ディズニーリゾートを楽しむ時は、こちらでご紹介した3点に気を付けて、素敵な時間を素敵な思い出にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です