鼻水はすするのはダメ!悪いことづくめ。子供にもさせない工夫を


こちら東京は朝晩が冷えすっかり秋の気配です。

私は鼻炎持ちなので寒暖差も相まって鼻水の症状に常に困っています。

そして関係あるかわかりませんが娘もよく鼻水を垂らしています。

鼻水が出ているとついすすっちゃいませんか?

実はそれ、とっても悪いことなんです。

私もそれで何度も耳鼻科のお世話になっていますが、鼻すすりをしないよう心掛けてからは頻度が減りました。

子供にも鼻水をすすらない、しっかりかめるようになってもらうためにはどんな工夫をしたらよいでしょうか?

これから風邪をひきやすい季節になりますのでどうぞご参考に!

鼻水はすするのはダメ!悪いことづくめ


鼻水をすすることはいいことが全くありません!

鼻水には外部から侵入してきたウイルスや花粉、ゴミなどが含まれています。

鼻と耳はつながっていますのですすることにより圧がかかり、耳に影響すれば鼓膜が薄くなって変形したり耳鳴りや難聴、痛~い中耳炎を引き起こします。

耳だけじゃありません。

鼻水をかむことなく鼻すすりのみにしておくと汚れた鼻水が鼻腔内に残ったままになります。

そうなると菌が増殖し、花粉症や風邪の原因、鼻炎症状の悪化につながります。

そして副鼻腔炎という病気を起こす可能性もあります。

副鼻腔炎が慢性化すれば蓄膿症。最悪の場合入院・手術という怖いもの。

私はこの副鼻腔炎を何度も起こしています(;´∀`)

副鼻腔炎というのは鼻のまわりの骨にある「副鼻腔」という空洞部分に炎症が起こり、鼻づまりや鼻水を筆頭にさまざまな症状が出る病気です。

この副鼻腔という空洞が8つほどあって、炎症を起こした所に痛みを引き起こすのですがこれがかなり痛いのなんの…。

少し顔をうつむけるだけで激痛、頭がど~~~んと痛んだり、じっとしているのが辛いです。

黄緑の嫌な鼻水も出ますし、のどの方に流れてきて咳が出たりととにかく不快。もう本当に最悪な気分です(-“-)

耳鼻科で吸入などの処置(私の行くところは鼻の奥まで長い綿棒を刺されて激痛)や市販薬もありますし何とか治りますが、即治るものではないのでそれもまたしんどいものでした。

子育てしているとゆっくり養生するのは難しく、抱っこなどの要求も容赦なく来ますし副鼻腔炎は本当に厄介です。

ですがこれらの症状は鼻すすりをしなければ起きにくくなります。

私は子供の頃から鼻炎体質なので鼻すすり歴(?)が長く、すぐに辞めるのは難しいし今でもしてしまうことがよくあります。

ですが耳鼻科の先生から「お母さんが鼻水すすってると子供が真似するからやめようね」と言われました。

これを思い出すと結構我慢できます。

副鼻腔炎は本当に痛いししんどいし辛いので、これが子供に起きると思うとなんとしても鼻水すするのだけは真似させてはいけないと思います(;´Д`)

子供に鼻水をすすらせない工夫


なんとしても子供の鼻すすりは避けたい。

ですが小さい子に鼻水を対処する方法を教えるにはどうしたらよいでしょうか?

我が家が実践してきたものをご紹介したいと思います。

・鼻水が出てきたらすぐに耳鼻科
・鼻水はすぐに拭く(ティッシュ常備)
・鼻かみは遊びから教えた
・止まらないしつこい鼻水にはホットタオル

とにかく気になったらすぐに耳鼻科です。

3歳くらいまでは毎回暴れて大泣きで、先生も今までの患者の中で上位の拒否っぷりと太鼓判の娘でしたが、トップシーズンは週3,4日通ったこともあり今では自分から気になれば「お耳の先生連れてって」と教えてくれるようになりました。

耳鼻科なら鼻水も立派な機械で吸い取ってくれますし、吸入なんかもしてくれて症状を抑える薬も処方してくれます。

とりあえず手間ですが悪化してからではもっと大変なので先手を打ちましょう。

そして家でできることは、まず鼻水を見つけたら放置しない。

外出や園生活などの際はキャラクター物のティッシュなど子供が喜ぶものを用意すれば、喜んで自ら出してくれます。

100円ショップなどで6個から10個入くらいで売っているので便利です。

できれば自分で鼻をかんでくれたらいいのですが、これには悩む方も多いのではないでしょうか?

我が家では3ステップで身につけました。

まずはティッシュを1枚用意して、顔の前に持ちます。

口を手で押さえて鼻息だけでティッシュを動かしましょう。

これで鼻から息を出す感覚を覚えてもらいます。

それができたら今度は丸めたティッシュを鼻に詰めて、片方の鼻を押さえてポーンと出すのを遊びのようにやってみます。

これができればあとはティッシュを当てて上から片方の鼻を押さえてあげれば鼻をかめるようになります。

コツはやって見せることと、あくまで楽しくやること!

後で無駄にティッシュで遊ばれたらいやだなとかそんな心配は一度置いといて、とりあえず楽しくやれば子供も真似したい、一緒にやりたいと思うはずなのでうまくいかなくても怒らないであげてくださいね(;´∀`)

鼻水がしつこければホットタオルを鼻に当ててあげると出やすくなるし加湿にもなるので、ぜひ。

濡らしたタオルを500wのレンジで20秒くらいやればできるので簡単です。

やけどのないように気を付けてあげてくださいね◎

まとめ

これから風邪をひきやすい季節。

大人はもちろん子供も鼻水から風邪をひく人が多いのではないでしょうか?

そんな時に鼻水をすすってしまうととっても困る事が起きます。

大人はなんとか気をつけられたとしても、子供にそれは難しいですよね。

親子で耳鼻科通いした私が実際に体験した鼻すすりの弊害と実践した子供の鼻水対策がお役に立てばうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です