インフル大流行の陰でマイコプラズマも流行ってるらしい

連日ニュースにもあがっていますが、全国的にインフルエンザが猛威を振るっていますね。

我が家の周辺もインフルエンザでダウンする人が後を絶たないので、相当流行っているんだろうなと実感しています。

そんな我が家もつい先日、娘が朝から40度の熱!

「あぁ、とうとう我が家にも来たか…」と思いましたが、実はインフルエンザ大流行の陰で密かに流行っているマイコプラズマの仕業だったのです。

今回は娘のマイコプラズマ発症から発覚、治療までの流れを書こうと思います。

インフル疑惑→陰性、なんだちみは!


事の始まりは土曜の朝。

「なんかしんどい…」と、朝から顔を赤くしている娘。

今日はお友達と遊ぶ予定があるのになと思いつつ熱を測ると40度!

お友達にキャンセルの連絡をすると、その子も朝から高熱が出ていると返事が。

お互い集団生活をしている身なので、真っ先にインフルエンザのことが頭をよぎります。

扁桃腺の大きい娘はいきなり高熱を出すことがよくあったので、この時はインフルか扁桃炎かなと思っていました。

しかし、この日は本人いわくのどの痛みや関節の痛みはなく、ただただ気怠い。そんな印象でした。

扁桃炎ならのどの痛みはあるはずなのでやっぱりインフルか?明日は日曜だし休日診療している病院を探して検査してもらおうと考えました。

発症1日目の症状

  • 高熱(40度)
  • 倦怠感
  • くしゃみ鼻水

・関節痛なし、のどの痛みなし、食欲はいつもの半分くらい

翌日。

いつも通りの元気な娘に起こされました。

熱を測ると36.2度。

下がってる!むしろ平熱より低い。

一晩で4度の体温変化は逆に大丈夫なのかと思いつつも、娘はいつも通り元気そうだったので、下の子もいるし休日診療に行って他の菌をもらうリスクを考え、結局病院には行きませんでした。

発症2日目

  • 解熱(36.2度、平熱は36.5度)
  • 鼻水少々
  • 食欲あり、いつも通りの様子

しかし、月曜日。

事態は一転するのでした。

朝の検温37.0度

この時期は冷えのぼせや、暖房で暖まりすぎてこのくらいの体温になることが多かったので特に気にしませんでした。

しいて言えば朝食を少し残したくらい。

15時になり仕事が終わると保育園から着信が。

「娘ちゃん、38・5度の熱があるので早めにお迎えをお願いします。」

あれ?やっぱりインフルか?そう思い迎えに行った帰りに小児科へ直行。

土日の状況を説明して、診察。

喉はやや赤いけど扁桃炎ではなさそう。

耳も見たけど中耳炎でもなさそう。

となると大流行しているしインフルの可能性が高いと言われ検査することに。

鼻に長い綿棒を入れられたのがよほど嫌だったのかなかなか泣きやまない娘をなだめていると陰性でした。との知らせが。

「時間的にインフルの可能性は微妙だけど、明日も熱が高いようだったらうちは休診日になってしまうので他の病院さんでも検査してもらってください。」

そう言われ解熱剤だけもらって帰宅。

発症3日目の症状

  • 昼から高熱(夜中にMAXで40度)
  • 倦怠感
  • 時々腹痛
  • くしゃみ鼻水
  • 食欲ゼロ
  • インフル検査、陰性

小児科の先生も言ってたけど私もこのタイミングで陰性だったら、インフルの可能性は低そうと思いました。

いつもの扁桃炎でもない。

だとしたらなんだ…?

不安になって検索魔になりましたが答えは見つかりませんでした。(そりゃそうだ)

マイコプラズマさんがログインしました


結局検査した日は夜中再び40度の高熱を出し、普段熱が出ても元気なことが多い娘が珍しくぐったりしていました。

ということで他の小児科を予約。

前日の小児科よりやや離れますが、しっかり検査をしてくれて信頼できる大きい病院内の小児科へ。

娘は前日のインフルの検査が本当に嫌だったみたいで診察室入る前から、「トイレ行く。」「もう帰る。」を繰り返していました(笑)

順番になり、診察。

やはりそこの先生もこのタイミングで陰性が出たなら考えづらいと思うけどなぁと念のためインフルの検査。

娘がブチ切れたのは言うまでもありません(;´∀`)

あれ?暴れてるしよく喋るし意外と元気じゃん!と思っていたらやはり陰性。

「となるとあとはマイコプラズマかなぁ…インフルの陰でこっちも流行ってんだよねぇ。」

マイコプラズマ??

実は娘はマイコプラズマにかかるのは初めてではありませんでした。

マイコプラズマ肺炎という言葉をご存知の方もいるかと思いますが、以前娘がかかった時は、扁桃炎も併発していて高熱とひどい咳で入院するか否かという話しが出るほどでした。

そもそもマイコプラズマとは


正式名称は「マイコプラズマ・ニューモニエ」という細菌の一種で、主に呼吸器に影響を及ぼします。

一般的な風邪と同じように、くしゃみなどによる飛沫感染と患者との接触による接触感染が感染経路です。

感染から発症までの潜伏期間は2、3週間ほど。

乳児は軽症であることが多く、幼児や小学生くらいの年齢の方が重症化しやすいと言われています。

国立感染症研究所の公表データによると、発症者の8割が未成年だそうです。

症状は、38度以上の高熱・倦怠感が主で、乾いた咳が特徴です。

喘息を持っている人は発作を誘発しやすいので注意が必要です。

感染しても必ず肺炎を起こすわけではありませんが(免疫力が高いほど肺炎を起こしやすい厄介な性質を持っているらしいですが…)、長引く熱やしつこい咳などの症状が現れることが多いです。

熱が下がっても2、3週間は咳が続くこともよくあるらしく、娘が以前かかった時もそうでした。

検査は綿棒で喉の奥をぬぐって検査するものや血液検査など複数の方法があります。

医療機関の設備や医師の方針、患者の状況などによって変わりそうですが、娘の場合は前回も今回も血液検査でした。(20分くらいで結果が出ます。)

治療ですが、一般的な風邪薬では効き目がなく、よく使われるのがマクロライド系の抗生物質です。

他にもいくつか薬の選択肢はあるようですが、子供に対しては副作用などを懸念し処方されない薬もあるようです。

そして特にワーママさんは気になるところでしょうが、感染したら出席停止です。

マイコプラズマの感染力は弱いものの、集団生活を送る身としては他人に移してしまうリスクが高いので、熱が下がるまでは休むようにと言われました。

私の中ではマイコプラズマ=肺炎やひどい咳というイメージしかなかったので、高熱だけど咳の症状がなかった娘がマイコプラズマにかかっているとは思いもしませんでした。

盲点でしたが、この時期の高熱はインフルだけじゃないんですね。

ちなみにインフルもマイコプラズマも風邪も予防するには、基本中の基本、手洗いとうがい、バランスのとれた食事と睡眠が大事だと先生はおっしゃっていました。

歯磨きも効果的だそうですよ。

余談ですが、シャチハタさんから出ている子供の手洗い練習スタンプ「おててポン」が気になります。

手にスタンプを押して消えるまで洗うので、いつまで洗えばいいのか見える化できて、手洗い時間の確保によさそう。

たまに本当に手洗ったの⁉ってくらい早い時あるからなぁ…。

500円くらいみたいだし今回の件もあったから見つけたら買おうかな。

マイコプラズマのここが大変!

長引く熱、倦怠感

普段の娘なら40度の熱を出しても元気に走ったりしていたのですが、とにかくしんどいみたいで、寝てなと言っても寝ない子が一日中眠りこけていました。

寝てなと言ったら素直に寝る。

逆に心配(笑)

働いている身としてはすぐに引かない熱で数日仕事も休まないといけないので、そこも負担でした。

とにかく薬がまずい!

マイコプラズマに処方される抗生物質が他とは少し違っていて、3日飲んで1週間の効果が出るというものなのですが、先生と薬剤師さんいわくすごく苦い、いかにも薬っぽい味がする。

服薬する本人いわく苦い。すっごくまずい。無理。だそうで、薬を飲ませるのにかなり苦労しました。

うちの娘は普段粉薬をそのまま飲めるのですが、これだけは別。

薬剤師さんが「飲みやすいようにココアパウダーと合わせてお作りすることもできますよ」と言ってくれたのでココアと合わせてもらったのですが、それでも相当苦いみたいで1回目は半分しか飲めませんでした。(飲ませたかったけど吐きそうな勢いで泣いて拒絶された)

薬に同封されていたパンフレットにはクリームやアイス(特にチョコ味)に混ぜると良い、酸味のあるものとは混ぜない方がいいと書いてあったので、チョコアイスに混ぜたのにそれをも打ち消す苦さ。

悩んだ末にイチゴにかけたくて買っていた練乳に混ぜたら、見事にヒット。

こってりした甘みとテクスチャーがカバーしてくれたのか、2回目3回目はちょっとのアイスと多めの練乳で混ぜ合わせて飲ませることに成功しました!

そのおかげかすぐに良くなりました。

まとめ

インフル大流行の陰で密かに流行っているマイコプラズマ。

  • 高熱なのにインフル陰性
  • 風邪薬の効きが悪い
  • 普段熱を出しても元気な子の元気がない
  • 乾いた咳

これらの症状に当てはまったらマイコプラズマかもしれません。

寒波も来ていますし季節柄いろんなものが流行っているので、手洗いうがい、健康的な生活を心掛けて予防したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です