保育園でも大流行。子供(1歳、4歳)の胃腸炎リアルタイムレポート


冬も深まってきて、様々な風邪が猛威を振るうようになってまいりました。

そんな中、我が家は子供2人、息子(1歳)から娘(4歳)にと、胃腸炎がうつったところでございます…(;´Д`)

胃腸炎は、なる方も看病する方もなかなか辛いタイプの風邪ですよね。

発症からの体験談と汚物の処理、家庭内感染の対処方法、看病のポイントなど、なるべくわかりやすいようにまとめてみます!

子供(1歳、4歳)の胃腸炎、こんな感じ!発症前後の様子


まずは息子の発症時の様子からです。

我が家は娘だけ保育園に通っていて、息子は待機児童をしながら私の職場に連れて行っています。

朝、娘を保育園に連れて行くと乳児組のところで一人戻してしまった模様。

うわー怖いな、そんな季節かと思いつつ娘を預け駐輪所に行くと乳児組のママが。

私「おはようございます。乳児組さんのところさっき誰か戻しちゃったみたいでバタバタしてましたよ」

乳児組のママ「あー、そうなんですよ。乳児組今胃腸炎はやってて半分以上お休みしてて…私今日は仕事お休みなのでこのまま連れて帰るところなんです」

…ん?

乳児組胃腸炎…半分以上お休み…?

保育園なんでそんな重要なこと教えてくれないのー!( ;∀;)

と愕然としながら出勤。

息子の機嫌が悪く、いつもならおやつをぺろりと平らげるのにちょっとしか食べない。

そうこうしているうちに泣きながら寝たので眠かったんだなと思っていると昼前に泣きながら起きてきてゲフゲフ言ってると思ったら嘔吐。

この時思い出したのが朝ごはんも少ししか食べなかったこと。

なので朝から調子が悪かったのかもしれません。

子供は割と気軽に吐くところがありますが、この時ばかりは明らかに顔色も悪く震えていたので胃腸炎だと悟りました。

窓を開けてマスクをして、それからペーパータオルを用意して汚れをある程度とってビニール袋にしまい、服を着替えさせて手をせっけんで洗い、思いの外テキパキと行動できた自分に驚きました(笑)

カーペットも汚してしまった部分だけ剥がせたのでビニール二重にしてお持ち帰り。

それから早退させてもらい、帰宅。

イオン水を飲ませつつ保育園に下の子が胃腸炎になったので娘のお迎えの時よろしくお願いしますと連絡をすると

「乳児さん半分以上胃腸炎でダウンしてて教員も何人かダウンしてるんですよ~」

と聞かされて知ってます…ていうかそういう情報もっと早く流してくれよとがっかりしました。(;´Д`)

それから夕方のお迎えの時間まで寝ていたので落ち着いたかなと思いつつお迎え前に小児科へ。

起きてから小児科へ行くまでの約1時間下痢でおむつを7回換えました。

小児科でも胃腸炎でしょうとのことで、整腸剤と吐き気止めと解熱剤(この日だけ38度台の熱が出ていました)を処方され娘のお迎えへ。

道中抱っこひもの中でゲフゲフ言ってるなと思ったら2回目の嘔吐。

私も胸元に思いっきり浴びましたが、保育園の目の前だったし、イオン水しか採ってなかったので水を吐いただけの状態だったのでそのままお迎えへ。

教室内には入らず、娘にマスクを渡してササっと帰りました。

週末、娘の保育園のクリスマス会があったのでなんとしても娘への感染は防ぎたかったのです。

なので娘には少し離れて歩いてもらい、帰宅してからも隔離しました。

息子の体調不良はこの日だけがピークで2日後には普通に食事をとれるまでに回復しました。

息子の発症翌日、私はどうしても仕事を休めなかったので夫が休みを取ってくれて息子と留守番をしてくれました。

娘を保育園に連れて行くと0歳と1歳のクラス合わせて5人しか登園していない、保護者にも回りつつあるけどどういうわけか幼児組はみんな元気で近隣の保育園も同じ状況だと聞きました。

弱めの菌で小さい子しか発症しないのかなとのんきなことを思いつつその日は何事もなく終了。

息子の発症3日目、娘のクリスマス会当日、恐れていたことが起こりました。

朝ごはん中の娘が嘔吐。

顔色も悪く息子の胃腸炎が写ったのは明白でした。

踊りが上手だったからセンターにしたんですよと先生から聞いていて親子で楽しみにしていましたが泣く泣く欠席。

娘も水分を摂らせて昼すぎまで寝ていましたが夕方2度目の嘔吐。

この日はおちょこ半分の水分だけで過ごしました。

この日の娘の症状は嘔吐から始まり終日腹痛、熱も少し出ました。

翌日は顔色も戻り水分を摂らせても平気そうだったのでクッタクタに煮たうどんから食事を再開させます。

息子は木曜に発症、土曜くらいまで下痢が続きましたが日曜に回復。

娘は土曜に発症、日曜は腹痛も収まり回復傾向。

ちなみに娘が1歳過ぎにロタにかかった時は2週間近く白っぽい下痢が続きました。
(予防接種は受けてませんでした)

子供の胃腸炎でのお世話や処理のポイント


子供が胃腸炎に感染したら気を付けたいポイントをご紹介します。

まずはお世話編!

嘔吐から始まることが多いと思われますが嘔吐から半日~1日は絶飲食が基本です。

体の防衛反応で何を入れても出てきてしまうと思っていてください。

落ち着いてきてもいきなりいつもの量与えてしまうと弱った体にはダメージになるので少量から。

ボトルごと渡すとごくごく飲んでしまうので、必ずコップに移して。

飲み物は嘔吐や下痢によって体内のイオンバランスが崩れているので風邪の時の定番、イオン飲料がやはりおすすめ。

ただし、ポカリスエットは甘みが強く、甘みは吐き気を誘発する恐れもあるので白湯などで少し薄めてから与えましょう。

ちなみに薬剤師さんがおすすめしてくれたのはOS₋1です。

こちらは薄めなくてもいいそうです。

まだ吐くんじゃないかなという時に娘がのどが渇いたと何度も訴えてきたので、おちょこ半分くらいに常温のOS-1を入れてあげました。

話せる子だとこんな風にしゃべってくれて助かるのですが、まだ何もあげられないなという時はしっかり話してお互いの妥協点で対応する柔軟さもあるといいかもしれないです。

うちは飲みたいという娘に「お腹にまだバイキンさんがいて、飲み物も食べ物も全部追い出そうとしちゃうから、ゲーしちゃうともっと喉乾いちゃうからちょびっとだけで許してね」というと納得してくれました。

食べ物は風邪の時にも言われるような消化の良い食べ物を少量から様子を見てあげます。

言い忘れましたが大前提として、看病する際は必ずマスクをしましょう。

嘔吐のピークを過ぎたようでしたら子供が嫌がらなければ子供にもマスクしてもらうのもおすすめです。

最近はドラックストアや100円ショップなどでもキャラクター物の可愛いマスクも売っているのでストックしておくのも◎

食事の時はマスクをとらないといけないので子供には申し訳ないけど隔離。

回復してきて一緒に食べるときも同じ皿や箸を使わないなど接触に注意して。

あと一番気を付けたいのがトイレです。

自分でトイレに行ける子なら使用後は内と外のドアノブ、便座とフタ、床やペーパーホルダーなど消毒してください。

手拭きタオルも分けておきましょう。

スプレータイプの消毒があると便利ですが、消毒についてはまた後程書きます!

オムツの子は便の飛び散りなどあり得るのでできれば新聞紙など敷いておくと安心です。

使用済みのオムツは消毒液を掛けて袋に包んで、できれば室外に置いておくと二次感染防止になります。

そして手間ですが終わったら必ずせっけんでしっかり手洗いを!

続いて汚物処理についてです!

悩むというか慌ててしまうのが嘔吐で汚れた服などの処理ですよね。

まず家で1番大きい鍋で殺菌用のお湯を沸かします。

電気ケトルだと量も少ないですし、マックスまで温度が上がらないので殺菌効果がないのではと思い必ず火で沸かしています。

沸かしている間にブツの処理ですが、マスクをしてさらに理想はビニール手袋、なければ両手にビニール袋をはめても代用できました。

使い捨てのエプロンやゴーグルなんかあると完璧ですが、我が家にはないので飛び散らないように慎重に処理します。

大きいビニール袋を用意してその中である程度の汚れを取り除きます。

この時飛び散って二次感染が起こるのを防ぐために、なるべく静かにやりましょう。

ある程度取れたら、水で流して、消毒液をかけます。

1番簡単なのは500mlのペットボトルにキャップ1杯のキッチンハイターを入れ、満タンまで水を入れたもので消毒できます。

色落ちが心配なものもあると思うのでそういうものは熱湯をしっかりかけて熱消毒しましょう。

ですが、我が家は匂いが苦手&色落ちとか気にしてらんない!と私のズボラさが勝り、「ドラックストアで次亜塩素酸の消毒スプレーを購入してきました。

大体1500円前後で売っています。

季節柄、レジ近くの特集コーナーみたいなところに数種類の消毒スプレーが販売されていましたが、安いやつだとほとんどがアルコール製のものだったので、アルコールではノロウィルスなどの胃腸炎関連の消毒には効果がないので必ず次亜塩素酸のものを選んでください!

次亜塩素酸の消毒液は金属を劣化させる恐れがあるので、ドアノブなどの金属類へスプレーしたらそのままにせずさっとふき取ってくださいね。

汚れを取り除き消毒液を掛けたら熱湯をぶっかけます!

ここでも飛び散りに注意して静かにかけましょう。

我が家ではこの一連の処理をお風呂場で行います。

お風呂場ならすぐに水で流せるし、子供が入ってくる心配も少ないので。

あとはすぐに対応できない時もお風呂場にとりあえず全部放り込んで消毒液だけ掛けて放置したりします。

あとこれはネットで見たのですが、カーペットや畳など取り外して洗えないものは、汚れをある程度取り除いたら上にペットシーツを乗せて、熱湯をかけてレジャーシートなどをかけて蒸すような形で熱殺菌する方法もありました。

吸水ポリマーがかなり熱くなるので気を付けて。

やってみたいという方は「嘔吐 ペットシーツ」などのキーワードで検索してみてください!

この時殺菌はできても匂いが取れない場合があるのですが、そんな時にも次亜塩素酸の消毒スプレーなら消臭もできるのでおすすめです。

業者ばりに勧めてしまっていますが、1本あれば使えますよ!(まさかのゴリ押し。笑)

処理にあたって出たごみや、処理が面倒だったら捨ててしまうという方もいるようですが、その時は是非ビニール二重にして消毒液も吹きかけてから捨ててくださいね。

とにかく二次感染は避けたいところです。

以下、簡単に家庭内に胃腸炎感染者が出たら用意したいものをまとめました!

・マスク
・新聞紙
・処理専用の袋2枚(二重にして使うので)
・次亜塩素酸の消毒スプレー
・OS-1なければポカリ
・万が一大人にかかったらと想定して数日分の食事(簡単に用意できる冷食やレトルト)
↑以前、夫が不在の時に子供の胃腸炎を私がもらい本当に困ったので、保険ですがマストアイテムだと思います。

処理での注意点は

・マスク必須
・直接触らない(ビニール手袋等で保護して処理する)
・飛び散らせない工夫を
・汚物は二次感染を防ぐために二重のビニールで消毒液を掛けて処分。家の中には置いておかない

まとめ

怖い胃腸炎。

厄介な処理、防ぎたい二次感染。

我が家は子供たちの症状がようやく終息に向かってほっとしていますが大人に回ってこないかまだしばらく気が抜けません。

胃腸炎だけでなく様々な風邪をいつどこでもらってくるかわからないので、慌てないように日頃からしっかり備えておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です