緊急性が怪しい子供の病気!救急車呼ぶか迷った時の医療相談先

夏ですね!(*´▽`*)

毎日暑いですが、うちの娘ももう少しでくる初めての夏休みにソワソワしています。

みなさん夏休みの予定はもうお決まりですか?

夏休みは楽しいことが多い反面、様々な事故も増えます。

もしお子さんがうっかりひどいケガをしたり、心肺停止など緊急を要する事態になった時まずどこに連絡すればいいか答えられますか?

そうです、119番ですよね。

最近では救急車をタクシー代わりに使ってしまう人やとりあえず呼んでしまう人がいて、本当に必要としている人の元へすぐいけなくなる問題も騒がれています。

では、もし救急車を呼ぶか迷ったときは医療機関に相談したいところですが、どこに電話すればいいか答えられますか?

地域によりますが、救急相談センターというところに電話するのが一般的です。

今日はその救急相談センターについてご紹介と実際に利用した体験談も書きたいと思います。

大人の相談はこちら【#7119】状況に応じて医療機関を教えてくれます

【#7119】

急な病気やケガをした時に救急車を呼んだほうがいいのか、今すぐ病院に行くべきか、など迷った時の相談窓口として、救急相談センターが開設されています。
救急相談センターでは、これらの相談に相談医療チーム(医師、看護師、救急隊経験者等)が、対応してくれます。

困った時に便利で心強いけど実は全国の制度ではないんです。

ですが広い地域で利用されているのでとりあえずこの番号は覚えていて損はないと思います。

もし夏休みに旅行を計画されていましたら、これから紹介する地域に当てはまるか見てみてください。
なかった場合も後ほど紹介します!

・都府県単位で実施している地域
→東京都、大阪府、奈良県、福岡県
この4つの都府県では市町村関わらず広い範囲で利用できます。

・市町村単位で実施している地域
→北海道札幌市(周辺含む)、神奈川県横浜市、和歌山県田辺市(周辺含む)
この3つは市町村単位で実施。一部地域は周辺地域も含めて対応しています。

・実施予定の地域
→宮城県、兵庫県神戸市
この2つは平成29年後半頃から実施予定

→広島県広島市(広島県西部と山口県東部も含む)
こちらは平成30年度以降に実施を検討中

【#7119以外の番号】

・栃木県、香川県#8000を小児医療相談として実施中
・山形県では小児の#8000と大人用の#8500を実施。山形県の番号は県在住者のみ利用可なので注意。
・埼玉県では小児の#8000と大人用の#7000を実施。平成29年10月から24時間体制に延長し番号を#7119へ移行予定。

と、なっております。
今ご紹介した#7119は主に大人が対象です。

こちらでご紹介した地域外でも、救急車を呼ぶほどではないが受診できる医療機関を知りたい場合は、最寄りの消防署に電話すれば教えてくれるそうです。
またこの他にも地域によっては独自に窓口を作っているところもあるので前もって調べておくといざというときに慌てずに済みます。

子供の相談はこちら【#8000】各都道府県で対応してます

小児医療相談は各都道府県で実施されていて、番号も全国共通の#8000です。
携帯電話対応で、土日もやっています。

ただし受付時間は地域によって異なりますので要確認です。
#8000と検索すると厚労省のページが出てきますので、そこに各都道府県の受付時間等の一覧があります。

大人同様、一度時間を見ておくといざというときに慌てずに済みます。

とは言ったものの、実際利用する場面になると結構慌てます(;゚Д゚)←なんという矛盾

2年前の盆に東京から関西の夫の実家へ帰省した時だったのですが、夜に夫の実家に到着した早々娘がお腹が痛いと泣き出しました。
そういえば便秘気味かもなと思ってお腹をマッサージしたり温めたりしましたが変わらず。

見かねた夫がお風呂入れるついでに綿棒浣腸してみるわとお風呂場に連れて行ってくれたのですが、娘の激しく泣き叫ぶ声と、夫が私を呼ぶ声がしました。
娘のお尻を見てみると綿棒も折れるほどカッチカチの大きい塊が出口をふさいでいて、出そうにも出せない状態でした。(汚いお話ですみません)

娘も激しく泣いていてちょっと自力ではどうにもできなさそう。でも救急車呼ぶのも違うし…なんかあったなと思い検索すると#8000に行きついたのです。

震える手で電話をして、事情を説明すると病院の場所を教えてくれてそちらに向かうように指示されました。
自家用車で向かうとそこは地域の休日夜間専用の医療施設のようでした。

隣には総合病院もあり、少しほっとしたのを覚えています。
結局娘は便秘で浣腸をしてもらい事なきを得ました。

ちなみに私の住む地域では15歳までは医療費が助成で無料になるのですがここは関西。

助成は使えないので、費用は通常の3割負担でお支払いして、後日帰京した際に区役所で申請したらお金は返ってきました。
この辺りも地域によって違いがあるかと思いますので確認してみてくださいね。

まとめ

大人は#7119、子供は#8000で緊急性の怪しい医療相談をすることができます。

子供に関しては全国区ですが、#7119に関しては地域によってはやっていないので、一度確認してみてください。
今はネットで調べれば何でも出てきます。

私の頭の中でブルゾンちえみさんが「あ~ネット社会に生まれてよかった!」って言ってます…(笑)

これから夏休みシーズンでお出かけの機会も増えて、ケガなど起こりやすいので、一度確認しておいた方が安心です。
少し早いですが、皆様良い夏休みを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です