ディズニーキャストの仕事で子供好きの私がシビれた子供達の話


今回はただの思い出話なのですが、子供に癒されたりときめいてしまったそんな体験談です。

キャストのお仕事に興味のある方はお付き合いいただければと思います(´∀`)

私は約10年前、ディズニーランドでのアトラクションのキャストのお仕事をしていました。

だいぶ昔の話ですがディズニーランドのキャストとして働いた時間はとても貴重で楽しいものでした。

夏に面接を受け、ディズニーランドのキャストとしてデビューしたのはちょうどハロウィンの季節。

パーク内には様々なキャラクターの仮装に身を包んだ子供も多く、子供好きだった私としては毎日ほんわか癒されました。

体調を崩してしまい約半年間だけのお仕事でしたが、本当に素敵な日々でした。

子供好きキャストは見た!可愛いの暴力を…


私の働いていたアトラクションは子供から大人まで来園者の3分の1が乗ると言われてる、万人向けの穏やかなアトラクションでした。

大きな乗り物で、横に4人ほど並んで座れるアトラクションです。

そこにやってきた4組の親子グループ。

子供はみんなヨチヨチぽてぽて歩いていたので1歳半前後だと思うのですが、それぞれプーさん、ティガー、イーヨーとなぜか1人だけバズライトイヤーのふわふわした着ぐるみに身を包んでいました。

空いていた時間で他にゲストもいなかったので本当は大人と座らないといけないのですが、出発前に子供だけで座らせて記念撮影のお手伝いをしました。

もうこの子達が可愛いのなんので、まさに可愛いの暴力でした(´;ω;`*)

訳もわからず連れてこられたであろう子供達は、ポカンとした顔をしたりあくびしたり拍手したり…

ただでなくても可愛いのにふわふわの着ぐるみを着て可愛さ3割り増しの子が1人じゃないんですよ!4人もいて、最高に可愛かったです!

着ぐるみを着た子はシーズン問わず結構いるのですが、忙しいキャスト時代の楽しみの一つでした。

休憩中もキャスト同士であの着ぐるみの子見た!?すっごい可愛かったよね!って会話が出ることもあったので、子連れで来園する際は着ぐるみ着用をオススメします。

見た目も可愛く目立ちますし、冬場も暖かく過ごせますのでかなりオススメです。

おむつ替えがややネックですが、着せる価値はありかと。

さて話は戻りますが、空いている時間だったら写真撮影や席の場所など割と融通が利きます。

せっかくの機会なのでぜひキャストに声かけてみてください。

思い出作りのお手伝い、激混みの時以外は喜んでやります。(笑)

特にパレードの時間は場所によっては空いていることが多いので、パレード絶対見たい!という方以外にはオススメです。

あとは夕方以降だと早めに帰ったり、食事に行く方も多いので空いていることが多いですよ!

子供好きキャスト、この仕事やってて良かった!と感じた瞬間


これは私の中では思い出すだけでグッと来てしまう話なのですが、

小学校に上がったか上がってないかくらいの女の子のゲストが来ました。

その時は少々混んでいたのですが、どうやら遠方から来たようで「どうしても先頭に乗せてあげたいんです」と連れのおばあ様からのリクエストがありました。

順番のやってきた乗り物を一本見送ってもらい、次に来たやつの先頭に乗っていただき、いってらっしゃい!と見送りました。

その後ポジションのローテーションで乗り場から降り場に持ち場が変わったのですが、しばらくすると先ほどの彼女がとてもご機嫌な様子で戻ってきました。

おかえりなさーい!と手を振り声を掛けると、降りた時に満面の笑みでハイタッチをしてくれました。

それから少し走るとパッと振り返り大きな声で私にこう言いました。

「夢をかなえてくれてありがとうー!」

不意打ちにこんな可愛いことを言われると思わなくて、なんていい子なんだろうと不覚にも仕事中に泣いてしまいました。

わざわざ順番を待ってくれたのにも関わらず、ありがとうと言える心を持っている、そんな子育てができたら素敵だなと憧れたのも今でもはっきりと覚えています。

正直このお仕事は、ゲストもキャストも人数が多く、人間関係で悩む人もよく見ました。

更にバイトでも覚えることも責任も多いし多方面で気が抜けなくしんどくなることがあります。

だけどそれと同じくらい、楽しいことやこの仕事をやっていてよかったと思える瞬間がやってきます。

特に子供のゲストはこんな風に我々キャストに癒しや喜びをもたらしてくれることが多かったです。

これはあくまで個人的な意見でしょうが(;´∀`)

アトラクションのキャストは人気でなるのはなかなか大変ですが、他にも様々な職種で募集がありますし私のいたところでも子供がいるけど働いているキャストはいました。

どの仕事をしても子供がいると大変な部分はありますが、親だからこそできる気遣いや働きもあるので、興味のある方はチャレンジする価値ありだと思います。

ディズニーランドのキャストをやめた後でも就活で履歴書に書けば話題につながったり、接客業なら評価につながりますので、自分の子供がもしバイトしてみたいと言ったら私ならいい経験できるよと勧めます。

まとめ

いかがでしたか?

ディズニーランドのキャストでのお仕事中に出会った可愛い子供たちの思い出話でした。(笑)

元来子供好きだったので毎日なんかしらの可愛いに出会っては悶えていました。

短い期間だったし、もう昔の話でしたがディズニーランドで働いていた時間は本当に楽しかったです。

子供がいても働いている人はいますし、将来子供にも勧めていい仕事だと経験者の私は思っています。

人が多いからこそ出会える貴重な経験がそこにはありました。

興味のある方はぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です