知育菓子『作ろう!きのこの山』4歳の娘と作ってみた


「知育菓子」というものをご存知でしょうか。

元々は「ねるねるねるね」などで有名なクラシエフーズが作った、自分で手を加えて作成するお菓子のことを言うのですが、今では食育や知育などへの関心が高まっているので、他のメーカーからも続々と発売されています。

スーパーのお菓子売り場で200円前後で買えるので、雨などで外に出られない日のおやつにぴったりです。

今回我が家もせっかくの週末が雨で外出できなかったので4歳の娘と作ってみました!

知育菓子『作ろう!きのこの山』作ってみた


今回私たちが作ってみたのは明治製菓の「作ろう!きのこの山」です。

箱の中には3色のチョコレートと型、見覚えのあるクラッカーの3種類が入っていました。

娘「ぎゃははははー!(大興奮)今日は、きのこの山をつくってみるよ~」

とユーチューバーの真似をしながらノリノリでクッキングスタートです。

今娘が大ハマりしているテレビアニメで、お姉さんたちがお菓子を作って敵と戦うものがあって、そのせいか箱を見た瞬間から気合120%でした(;´∀`)

手を洗い、チョコを湯煎します。

お湯は熱くて危険なので私が作業しました。

「なんでチョコをお湯につけるの?」
このままだと固くて作れないからだよー。

「チョコさん熱くない?」
熱いお風呂がいいんだって。ほら、気持ちよくてとろけてきたよ!

などと娘の疑問に答えている間にチョコがいい感じの硬さになったので型に流していきます。

ここからは娘にバトンタッチ。

3色あるので娘の感じるままに作ります。

私なら型いっぱいにチョコを詰めたいところですが、娘は少しだけしか入れなかったり、本人いわくあえてアシンメトリーにいれたりと、独創性が爆発していました(笑)

色々と口を出したくなるのを我慢しつつ見ていましたが案外上手に作っていて親も新たな子どもの一面が発見でき、子供も好きなように作れるのが楽しいようでした。

型全てにチョコを詰めると次は軸となるクラッカーを差し込みます。

型ギリギリまでチョコが入っているものはクラッカーをさせば溢れ、少ししか入っていないものはクラッカーが倒れ、思ったようにできないことに娘は怒りつつなんでだろうと考えていました。

こういう場面でも親は考えるヒントを与えて、考える力を養ったり、ものの成り立ちを理解してもらったりできるので知育菓子は食べるだけでないというのを実感しました。

なんとかクラッカーをさし、次はチョコが固まるのを待ちますが娘はそんなこと考えもしなかったようで、さぁ食べようと型から出そうとしていました(;´∀`)

さっきまであんなに喜ぶ姿を見せていたのに、すぐ食べられないと分かるととても不満そうな顔をしていました(笑)

この工程の手間もリアルな体験で、学びにつながると思います。

娘はとても印象的だったようでご近所さんに話しかけられた際、唐突に「チョコは固まらないと食べられないんだよ!」とお話ししていました(;´∀`)

それから10分ほど冷凍庫で冷やして完成。

目で見て楽しむ間もなくほとんどが娘のお腹におさまりました。

もうちょっと感想とか話したかったのですが、まだ4歳なのでこれだけ楽しめれば良しとしました。

この「作ろう!きのこの山」のいいところは、実際に市販されているものが自分で作れるところです。

売られているものがどういう工程でできるのか、簡単ながらも追体験できるのは知育菓子の中でもポテンシャルが高いと思います。

まだまだあるよ知育菓子


きのこの山を先ほどは褒めましたが、知育菓子の元祖ともいえるクラシエフーズの知育菓子シリーズもすごいです。

今も家に1箱隠し持っているのですが(見つかったら娘がやりたがるので)、クラシエフーズの知育菓子はどれも保存料・合成着色料を使っていません。

結構奇抜だったり個性的なモチーフのお菓子が多いのですが、色はお野菜などから取れた色素を使っているようです。

うちにあるのは「たのしいケーキやさん」というものでタルトとかスイーツっぽい見た目のものができるのですが、他のシリーズではお弁当やお寿司、ラーメンやたこ焼きモチーフなんかもあります。

お菓子としてはグミだったりソフトキャンディだったり様々ですがちょっとトリッキーで勇気がいりそうなものが多いです(;´Д`)

それでも子供は喜ぶし、親としても知育・食育にもなるし保存料や合成着色料が入ってないのは嬉しいですよね。

隠し持っている1箱は、ちょうど今、台風シーズンなので台風が来た時にでもやってみようかなと思います(笑)

まとめ

いかがでしたか?

この知育菓子類、子供にスーパーでねだられたことのある方もいるんじゃないでしょうか。

それと同時に気にはなっているけどなんとなく手が出ていないという方もいるんではないでしょうか。

確かに他のお菓子よりややお高めですし、準備や片付けも少し手間ですが我が家はやってみて良かったと思います。

子供が喜ぶ姿を見て満足しています。

長雨などで退屈続きだったり、おやつがマンネリ化してる方は一つの選択肢として検討してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です