子育てママのお仕事!在宅ワーカーママのリアルな事情


子育て中のママの中には在宅でお仕事できたらいいのにと思ったり、実際に探してみる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私も子供に少しでもお金をかけてあげたくて、上の子の妊娠中から在宅のお仕事をよく探していました。

ですがどうでしょう在宅のお仕事って専門的なもの、安すぎて話にならないもの、これはどう見ても…!という胡散臭さしかないもの。

そんなものが大半ではないでしょうか。

私の学歴は中の下くらいの公立高校卒。

経験も資格も知識も皆無でした。

ですが結果から言いますとご縁があって、こんな私でも在宅でもできるお仕事をいただけています。

そして少々ずれますが、在宅のお仕事は別で本業として子供を連れ私達しかいない事務所で事務のお仕事もさせていただいてますが、これも正味在宅ワークのような状態。

小さい子供を子育て中の在宅のお仕事は、実際どんな感じなのか。

リアルな実体験を交えて書いてみたいと思います!

子育て中の在宅仕事の種類・見つけ方などのポイント


小さい子供がいて仕事がしたいけど保育園に入れない方。(低月齢ほど枠少ないし激選になりがちですよね…)

仕事はしたいけど何らかの事情があって子供と離れるのが不安な方。

事情は様々ですが、子育て世代の在宅仕事って結構需要があると思うんです。

そういう方はネットで「在宅 仕事 求人」みたいなキーワードで検索をするのではないでしょうか?

そして出てくるのは大体、ポイントサイトでの小遣い稼ぎ、内職、クラウドソージング、あと女性だったらチャットレディなんてものが多いです。

内職以外経験しましたが、ポイントサイトで稼げたのは1か月でせいぜい1000円前後です。

スマホ版では、ゲームなどのアプリをダウンロードして起動、物によってはプレイして数十円の稼ぎ。

サイトへの会員登録、メルマガ購読、様々な条件がありましたがどれも時間がかかる割に報酬は微々たるものです。

クレジットカードの発券や、保険の見直し店の利用などは高額でしたが主婦で何枚もクレジットカード持つのは少々心配ではありますし、保険の見直し店もそう何度もいけません。

たまにポイントサイトですっごく儲けている人がいますが、あれはごくほんのわずかひと握りの存在なので素人があそこまで稼ぐようになるのはかなり遠い道のりになることが予想されます。

あとチャットレディも危険です。

子育て中は尚更リスクがあります。

チャットレディというのはサイトを介して、ウェブカメラなどで男性会員とテレビ電話のような感じでお話をするお仕事です。

アダルトサイトと、ノンアダルトサイトがありますが、その縛りはあってないようなものです。

私も性的な要求は一切ありませんの言葉を鵜呑みにしてノンアダルトサイトのチャットレディを少しだけやってみましたが、夫以外の男性と話をすることへの罪悪感と、何よりサイトの趣旨をガン無視して服を脱げと言ってきたり、セクハラよりもひどいことを言うお客がものすごく多かったのです。

2、3人くらいとしか会話しませんでしたが男嫌いになりそうなほどきつくただただ後悔しました。

断れない気の弱い人だと言われるがまま従ってしまう人もいるようですが、相手の画面越しに写真を撮られてネット上にばらまかれたりでもしたらどうでしょう。

想像するだけでも超怖くないですか?(;´・ω・)

このように超ハイリスクなのです。

内職は経験していませんが、募集サイトで内容の一覧を見ましたが、ボールペンの組み立てやおでん用昆布結び、袋詰め、あとは裁縫系の募集が多かったです。

これで想像つくかもしれませんが、子供がいる環境では決して気を抜けませんよね。

細かい部品を食べてしまったり、子供に邪魔されず安心して物を置けるスペースがあるだろうかというのも懸念されます。

そして何より内職は総じて賃金が安いです。

ちゃんとしたところで見つけないと詐欺にあう場合もあるそうです。

最後にクラウドソーシング。

これはいくつか仲介しているサイトがあるのですが、ざっくり言うと、クラウドソーシングのサイトにはネット上でできるお仕事がたくさん載っています。

例えばあなたのおすすめしたい本のレビューだとか、○○へ行った体験談500文字以上とか、専門的な求人になると会社のサイトを作ったりとか、ホームページのデザインなどの募集もあります。

専門的なものだと単価はそれなりですが、そうでないものは安いです。

ですが、やった分だけ収入につながるので、とりあえずの在宅仕事デビューにはいいかもしれません。

子育て系の体験談なんかも数多く募集があるので、子育て中のママでも案外文字数書けたりするのでおすすめです。

私の在宅のお仕事もここでご縁があって、個人的にお仕事をいただけるようになりました。

子育て中の在宅仕事で注意したい両立ポイント


そんなわけで何とか子育て中だけど在宅のお仕事をゲットしたパパママに経験者から注意するポイントを伝授したいと思います!

・時間帯の見極め

小さな子供だと大体毎日の流れが決まっていて、ごはん前や昼間の昼寝タイムの前後辺りはぐずる可能性が高くなりますよね。

その時間帯をどう乗り越え、どう収束させるのか、大体のパターンが決まっていれば時間を見て行動しやすくなります。

・柔軟性を持つ

子育て中に経験したことある方結構いると思うのですが、なにをしてもダメな日って時々やってきますよね。

そういう時は潔く仕事の手を止める勇気も必要だったりします。

柔軟性を持つにはしっかりとスケジュールを把握しておくことがキモとなります。

・子供の安全

本業の方なのですが、事務仕事で書類をまとめているときに子供が気配を消してパソコンのコンセント引っこ抜いたり、いつの間にか何か壊していたりするので、私は子供が起きている間はある程度ざっくりした仕事を持ってきて、いつでも手を止められるような状況にしておきます。

そして子供が寝た隙に一気に集中して片付けています。

その方がメリハリがあって集中力も変わってくるのでおすすめです。

そうやって切り替える気持ちを持っていないと子育て中の在宅仕事は結構しんどいものになると思います。

まとめ

自宅で子育てしながら、気楽な感じでお仕事ができるイメージの在宅ワーク。

確かに子供が小さいうちはそばで見ていられるのは、嬉しいし安心ですし、理想的と思う方もいるかもしれません。

ですが実際に子供がいて在宅で仕事をすると、集中できないし結構大変です。

なので自分の中でルールを作りメリハリを持って臨めば、結構なんとかなるものです。

お仕事もしっかり見極めて選べば意外なご縁があったりするのでぜひ頑張ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です