参考にならない!?超ガサツな私が妊娠中注意したありのまま


めでたいことに古い友人が妊娠をしたので、先輩ママとして私が妊娠中に注意していたことを書いてみようと思います。

残念なことに私は超がつくほどのガサツ。そしてズボラ。

世の妊婦さんより雑に生活していたのでもしかしたら参考にならないかもしれませんが、こんなガサツでも無事にしかも二人の子供を出産したんだと知ってもらえればという思いから、人に聞きづらいようなことも含め今回はありのまま赤裸々に書いてみようと思います!

妊娠中に注意したもの~食べ物編~


よく聞くのがナマモノに注意ということ。

ですが、私は割と何でも食べてました。

お寿司が大好きで妊娠中もよく食べましたが、唯一注意したのが水銀が怖いので大型魚は少しで我慢しました。

マグロやカジキ、カツオなどの大型魚は水銀などの有害物質を含んでいて、普段食べるには問題ない量らしいですがお腹の赤ちゃんに悪影響を与える可能性がゼロじゃないそうなので、食べるとしてもごく少なく。

たまに怖いから!と言ってナマモノ一切食べませんって妊婦さんいましたが、私はそれだとかえってストレスがたまりそうで、その方がお腹の赤ちゃんに良くないと思ったので食べたいと思ったものはなるべく食べていました。

生肉生卵ナチュラルチーズ、これらも妊娠中は避けるべきと言われていますが、体調のいいときやどうしても食べたい!というときに少し食べてました。

欲望には素直なもので、食欲には勝てなかったです(笑)

飲み物も元々飲めない体質なのでアルコールは全く摂りませんでしたが、コーヒー紅茶などカフェインは妊娠前から大好きで習慣だったので1日1,2杯は飲んでいました。

妊娠中に注意したこと~生活編~


いきなりこんな話題で恐縮ですが一人目の出産の時にできてしまったイボ痔。

妊娠中からどうしてもできやすいそうで、2人目妊娠中はトイレの度痔が出てきていたら薬を塗って押し込むようにしていました。

けどズボラなので時々しかやらなかったので今も出たままです(;´∀`)ははは…

とりあえず今のところ困っていませんので放置しています(笑)

仕事は一人目二人目と妊娠中も同じ飲食店で働いていました。

オフィス街にあるお店で分煙しているもののほとんどが喫煙席。

お店はピーク時になると店の中がものすごく煙たくて白くかすんだり目がしみたりすることもあるほどで受動喫煙しまくりでした(私は元々喫煙者ではありません)

どちらの妊娠中も臨月まで働いていますが元気な子を安産して二人とも健やかに大きく成長しています。

仕事以外だと、妊娠中は旅行も行ったし温泉も入りました。

温泉は妊婦は入らない方がいいという注意書きがされているところがほとんどですが、家族風呂を借りて、長湯しないようにして楽しみます。

悪影響は全くなくただただ癒されました(笑)

旅行も後期入ってから行きましたが母子手帳を持って、ゆったり回れるように計画して、近くの病院は事前にチェックした上で行きましたが特に問題なく楽しい思い出ができました。

体調体質はその人その妊娠によって大きく異なるので私は平気でもご自身はそういかない場合もあるのであまり参考にはしないでくださいね(;´∀`)

妊娠中に注意したもの~夫婦生活編~


夜のお話です。特にこの辺りは人に聞きづらい話題ですよね。

我が家の場合は頻度としては週1か2回で、妊娠前とあまり変わらないペースでした。

初期と後期は行為は避けていましたが夫の相手はしました。それ以外は体調のいいときを見てという感じです。

内容もはじめのうちは妊娠前と同じようにしていましたが、お腹が張ったり足がつったりしたので、挿入の時間を少なく無理のない体勢でするように落ち着きました。

どちらの妊娠中も経過は良好で臨月入ってからは予定日を過ぎそうと言われていたので予定日前後はいわゆるお迎え棒として仲良ししていました。

効果はあったのかわかりませんが、夫婦仲は良好でした(;´∀`)

ちなみに産後は2か月が過ぎたあたりから再開しています。

その辺りの話はまたいつか!

まとめ

いかがでしたか?

超ズボラでガサツな私が妊娠中に最低限注意したことをご紹介しました。

育児書とかも参考程度にしか読まなかったし、医師や助産師さんによって言ってることが違ったりもしたので、いちいち守ってたらストレスだなと感じたので、全て自己責任になりますが、ある程度好きなように生活していました。

そのおかげか妊娠中は割と気分良く過ごせたと思います。

人によっては入院するほどのつわりや切迫で安静にと言われれる妊婦さんもいるので、私はかなり恵まれた方です。

せっかくの恵まれた条件なのでどうせなら楽しく気分良く過ごそうと思い、妊娠中はこのように過ごしました。

これを読んでくれた妊娠中の方は今どんな状況かわかりませんが、少しでも楽しく充実したマタニティライフがおくれることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です