お風呂の「エプロン」って知ってる?入居4年で知ったパンドラの箱


お風呂に「エプロン」があるってご存知ですか?

お恥ずかしながら私は知りませんでした。

話はつい最近のこと。

夫の転勤に伴い我が家を売却することになりました。

依頼した不動産屋さんのサービスで、水回りのお掃除にダスキンさんが来てくれた時のことです。

「何か水回りで気になることはありますか?」

この一言がきっかけで4年間眠り続けたパンドラの箱が開いたのです(大げさ。笑)

掃除関係の話で、しかも4年間ノータッチだった部分!

汚い話になりますのであらかじめご了承ください(;´Д`A

what is エプロン?


冒頭から話は続きまして、

「何か水回りで気になることはありますか?」

ダスキンさんの問いかけに私は、お風呂場が洗ってもなんだか臭うんです。と答えました。

「わかりました、掃除をしながら私の方でも見てみます!」

そうして家中の水回りの掃除が始まり、2時間ほどで終了。

「大規模マンションなので、排水が一気に流れないようになっています。それで匂いが発生しやすいのと、エプロンの部分がかなりカビてそうです。」

エプロン?

「エプロンというのは浴槽のおもて面の部分で、簡単に外せるんですよ!後で見てみてください、では。」

そう言って去っていくダスキンさんにそこはやってくれへんのかい!と心の中でツッコミつつ、エプロンについて調べてみました。

お風呂場のエプロンとは


ダスキンさんの説明通りで、ユニットバスのおもて面の部分のことを指すようです。

メーカーさんやお風呂の広さ、形によっては2面、3面になるものもあるとか。

ここを外すと中が露わになって、深くまで掃除ができます。

お風呂でふと思い出した「エプロン開けなきゃ」


下の子の昼寝や買い物、夕飯などですっかりエプロンのことを忘れていましたが、お風呂に入ってる時にハッと思い出しました。

「そうだ、エプロン開けなきゃ」

少し持ち上げて手前に引けば開くと思いますよとダスキンさんが言ってたので、持ち上げるもびくともせず。

下の部分にパッキンが付いていたので、なんとか指を差し込んで外そうとするも開かない。

それどころか指に真っ黒なカビが!

しかも水分をたっぷり吸ってぶよっぶよに育ったやつ。

「ヒィ!:(;゙゚’ω゚’):」

思わず声が出ました(笑)

元来掃除は苦手な方でしたが、これはいくらなんでも見過ごせない。

とはいえ子供もいる密室でカビの巣窟をおっ広げるのはよろしくないので、子供達をささっと洗いパッと寝かせて夜中に決着を付けることにしました。

寝つきの良い子達で助かった…

夜中のお風呂場で開かずのエプロンと対決


子供も寝静まり、私は意を決しお風呂場に。

今夜のメンバーを紹介するぜ!

  • カビや洗剤吸い込み防止にマスク
  • 素手で触りたくない…!ゴム手袋
  • とりあえずこれで戦おう、古歯ブラシ
  • まずはこれかな、バスマジックリン
  • とどめに一発カビキラー
  • 仕上げに使おう古タオル

ハイテンションにバンドメンバー紹介風に紹介しましたが、フル装備でエプロンという名のパンドラの箱に挑みます。

目の防護にゴーグルないし眼鏡と、カビの徹底ガードにルックのお風呂の防カビくん煙剤もあれば完璧でしたが今回はなかったので割愛。

我が家のお風呂はTOTOのRZシリーズのユニットバスで、上に持ち上げてはずすのではなく、下のパッキンを端から引き抜くと外れる仕様になっていました。

このシリーズの中でもいくつか種類があり、全て取扱説明書に載っていたのですが公式としてはエプロン外しは推奨していないようです。

なので完全自己責任になってしまいますが、一応戻し方も載っていたのでエプロンを初めてはずす際は取扱説明書をよくお読みの上やってくださいね!

多くのエプロンは下から持ち上げてはずせるようになっていますが、中にはネジで止めているものなどもあるそうなので、重ね重ねになりますが、エプロンをはずす際はお手元の取扱説明書をご参照ください。

というわけで、パッキンを抜いていくとガコンとエプロンが外れました。

中は、その…風の谷のナウシカに出てくる腐海を彷彿とさせるものでした…。

お見せできないので、内部の様子のイラストで。

エプロンをはずした内部はこんな感じの構造になっていました。

震えあがる汚さ。

そしてかび臭さと下水のような臭い。

お風呂場を掃除しても臭っていた原因がそこにはありました。

一通り手の届くところは古歯ブラシとバスマジックリンで掃除して流したら、カビキラーして放置。

流して、拭き上げ、乾かしてエプロンの掃除は終了。

乾かさないまま蓋をするとまた湿気でカビが増殖してしまうので、必ず乾かしてからフタ。

↑この一連の流れはインスタで勉強しました(笑)

あまりの汚さに心底驚きましたが、掃除をした達成感はかなりのものでした。

今まで感じていた臭いもなくなり、やはり今までのお風呂場のあの匂いは、エプロンからだったのかと解決。

やらへんのかいとツッコみましたが、教えてくれたダスキンさんに感謝。

まとめ

お風呂場の「エプロン」を初めて知った私は、開け方や掃除方法をインスタで勉強してついに開けました。

4年間存在すら知らず放置されていたエプロン内部は、想像以上に恐ろしいことになっていました。

掃除をしてもなぜか臭うお風呂場の原因は、エプロン内部で育ったカビ。

4年間のなんで臭うんだろう?があっさり解決された瞬間でした。

あなたのお家のエプロン、どうですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です