おしゃれなママ友を見て自分の惨状に気付いたけど発見もあった話


子供が生まれ、もう一人生まれて、すっかり「女子力」とはかけ離れた生活をしていました。

夫もそれとなく注意してくれていましたが子育てを言い訳に見て見ぬふり。

お風呂上がりの化粧水はしない。

スッピンでの外出も余裕。

日焼け止めも汗かいて落ちるからと言ってつけない。

今思えばズボラの極みですが、当時は子供たちの世話で忙しいからと何とも思いませんでした。

ですがそんな底を行く生活に終わりが来ました。

おしゃれなママ友が「私何もしてないから~」と一言。

衝撃が走りました。こんなおしゃれな人が何もしてないわけがない。

メイクだってちゃんとしてるし、髪も流行りのヘアアクセサリーとアレンジがされている。

髪の毛も白髪は見えないしプリンでもない。

何もしないでこんなおしゃれなわけがない。

しかもこのママ友子供3人もいるのに!

やばい。これはやばい。。。

ようやく焦りだした私は少しずつ生活を改めていくことにしました。

おしゃれなママ友に影響されて即行動!してみたら案外楽しかった


思い立ったが吉日。

というか、何もしていなさ過ぎたことに焦りすぎていてもたってもいられず、その足でドラッグストアに駆け込み化粧水を買いました(;´∀`)

お恥ずかしい話ですが本当に何もしていなくて…。

ここまで何もしないママってどれくらいいるんでしょうか(苦笑)

お風呂上りにさっそく子供達のお世話を夫に押し付けて、いざ化粧水。

見てみるといろんなところが粉ふいていたり荒れていて、思っていた以上にひどい状態でした。

今までは子供の世話もほとんど自分一人でしていたので、自分のことをするどころか見る余裕すらなくてないがしろにしていましたが、ここまでひどいことになっているとは思わず自分に申し訳なくなりました。

久しぶりに付けた化粧水は少しかゆいようなこそばゆいような落ち着かない感じです。

そして翌朝はいつもより少し早く起きてちゃんと化粧して、髪も帽子で隠さずに整えようと決めていたのですが、それがなんだか楽しみでちゃんと起きられたのに驚きです。

一緒に起きてきた子供を適当にあしらいつつ、簡単ながらも化粧をして髪もネットで調べた簡単なアレンジをして、それだけでなんかちゃんとやってる…!(*´▽`*)という気になれました。

本当にちょっとしたことですし、多くのママは普通というか当たり前にしていることなのかもしれませんが、自分でも驚くほどのズボラ星人になり下がっていた私からしてみたらこれだけでも大進歩で、自分のために時間を割くことの嬉しさを感じました。

子供を言い訳にというか、自分だけで家事育児をやっていると無意識のうちに一人で抱え込んで、自分は大変なんだと思い込んでいたように思います。

ですが自分のために何かをするだけでも気持ちに余裕ができて、この朝は子供を怒鳴ることなく過ごせました。

毎日がそううまくはいかないかもしれませんがこの朝の充足感は忘れられません。

おしゃれなママ友はセンスだけでなく〇〇〇ことが上手なんだと思った


私が目を覚ますきっかけになったおしゃれなママ友さんはとてもセンスがいいです。

変わった雑貨や小物を持っていたり、ファッションも派手じゃないのに流行を取り入れつつ個性的。

そして何よりいつも笑顔で前向き。

子供に対してもいい関係なんだなというのが見て取れます。

うらやましいなと思っていましたが、ただうらやむのでなくこの人は何でこんなに素敵なんだろうと考えた時に、楽しむことが上手なんだと気づきました。

だから流行にも乗れるし、自分らしさも出せる。

そうすることで自分自身を楽しませることができるし、その時間を作るための努力もさほど苦に感じません。

きっと簡単なことではないけど、できたらいいことづくめですよね。

自分を満たせたら余裕ができる。

私が毎日大したこともないはずなのに謎に必死で余裕がなかったのは、自分自身を見ないで雑にしてきたから。

その証拠に、自分のために化粧して髪もちゃんとしたら楽しくて、その日の朝は子供に優しくいられた。

これに気付けた私は最強なんじゃないかと自画自賛したいくらいです(笑)

我ながらほんのり胡散臭い気もしましたが、自分のご機嫌を自分でとると周りにも優しくなれますし楽しいです。

毎日漠然と焦るよりもこっちの方が断然いい。

これに気付いてからは忙しいながらも楽しく笑える時間が増えましたし、夫にも喜んでもらえて家庭にもプラスになっているように感じます。

まとめ

育児を言い訳に自分のことをさぼりまくっていた私。

おしゃれなママ友の「私何もしてないから~」の一言で一気に目が覚め、少しずつ自分のためにケアをしたりおしゃれをしたら毎日が楽しくなってきました。

実際子育てしていると思うようにいかないこともありますが、それでも以前より気持ちに余裕が出てきました。

おしゃれなママ友の一言をきっかけに自分がいかに自分にかまっていなかったかということと、このママ友が何でこんなにおしゃれで素敵なのかを考えたときに気付いたのがちゃんと自分のことも気遣うことの大切さでした。

疲れ切っているママさんや気持ちに余裕がないママさんにこそおしゃれは必要なのかなと感じた出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です