長女出産体験談!笑える?結構ネタだらだった私の初産!

4年前の4月に娘を出産した私。

出産前はネットやSNSでいろんな人の出産体験談を読み漁り、自分の出産はどうなるんだろうと思いをはせていました。

仲間内では変わり者キャラの私(認めてないけど…)友人はきっと何か面白いこと起きるよと言っていましたが、きっとドラマや読み漁った出産体験談たちのように辛い陣痛を乗り越えて誕生の瞬間は立ち会っていた夫と二人で涙を流すんだと息巻いていました。

が、実際は友人の予想通り随所に笑える?ネタが転がったお産でした( ;∀;)

これはこれでいい思い出ですし、こんな妊婦・こんなお産もあるんだと私の記録がてら書かせてもらいます。

出産前、妊婦時代からネタは転がっていた。

以前も書いたことありますが、娘の時は出産の3週間前まで忙しいオフィス街の飲食店でホールスタッフとして走り回っていました。

これだけでも結構少数派な妊婦だと思いますが、どういうわけかあまりお腹の出ないタイプだったようで、なんと産休入る直前まで常連さん達誰一人私が妊婦だと気づいていませんでした!(笑)

エプロンしているとはいえ、ここまで気づかれないのもちょっと切ないです(;´∀`)

それから産休に入り、検診へ行くため電車に乗ると、杖をついたおばあさんが乗ってきたので席を譲りました。

席に着いたおばあさんが「お腹大きいのにごめんなさいね。赤ちゃん今どのくらい?6ヶ月くらいかしら?」と言うので「いえ、もう臨月で来週くらいには生まれる予定なんですよ。」と答えました。

するとおばあさんは目を見開き一言。「ちっさ!」

えぇ!?Σ(;´∀`)

直前までお腹大きいのにごめんなさいね、と言ってた人にちっさ!と言われてしまいました(笑)

ちっさ!て言葉遣いもおばあさん若いなーと地味にツボに入り、笑いが止まらなくて気まずさのあまり途中下車しました…(;’∀’)

自分で言うのもあれですが多分、こんな体験談その辺の妊娠体験談にはないはずです(笑)

出産予定日を超過して数日。ついに来た陣痛!

いろんな人の出産体験談でまずチェックしたのは出産の始まり。

陣痛か破水かどちらでもなく帝王切開か。

どれも怖いし、まったく想像できない私は、臨月に入ってからますます体験談を読み漁るようになりました。

予定日直前の検診ではまだまだ生まれる気配はないと言われ、周りからの生まれた?コールにゲンナリしつつ数日が過ぎた明け方。

ついに来ました。

ついに陣痛スタートです!

私は陣痛からだったか~なんてしみじみしつつ、午前中は検診だったので病院へ。

その後帰宅し夕方、夫が帰ってくる頃には5分間隔。

初めての人は5分間隔になったら病院にと言われていたので電話し気合を入れて病院へ行きましたが、「子宮口の開きはオマケして3cmくらいかな。まだまだだろうから一回帰って夕飯とお風呂済ませておいで」と言われて泣く泣く帰宅。

帰宅後は食材がないので夫とスーパーに行き、買い物中お総菜コーナーで陣痛が来たので立ち止まっていると、ふと鏡にうつった自分の姿が見えました。

お総菜コーナーでコロッケ見ながら険しい顔してフーフー言ってる姿がなんだかシュールで笑えて来ました。

この時側に夫がいなかったので、私は完全に不審者だったと思います(笑)

いざ病院!出産って本当に大仕事なんだなぁと思った体験談

日付が変わるころついに限界を感じたので再び病院へ。

車で向かったのですが病院の道路挟んで向かいに駐車場があり、夫が駐車券の手続きをしている間に私の目の前を1台のリムジンが走り去りました。

私はこの時生まれて初めてリムジンを見たのでテンションが上がり、夫にリムジン通った!と言おうとした瞬間に陣痛が。

「ねぇ夫!(陣痛来る)ぐあぁ!り、リムジンンンンンン˝!!!」

リムジンはもう見えなくなっていたし状況がよくわかっていない夫は、私が陣痛が辛すぎて狂ってしまったと思ったらしく泣き出してしまいました。

陣痛で鬼の形相の私と、そんな私を見て泣いてる夫。

助産師さんが苦笑いで迎えてくれました(笑)

それからもろもろあって明け方ついに分娩台へ。

言われるがままいきんでもいきんでも出るのはおならと大きい方ばかり(汚くてすみません!)

みんなちょっと気まずくて立ち会っていた夫は一度退室してもらいました(;’∀’)

プープーいいながらようやく頭が見えてきた頃に夫再び入室。

陣痛の合間に見ると夫は水色の防護服とキャップをかぶっていたのですが、その姿が何でかジャムおじさんに見えてしまい爆笑。

「あははは!ジャムおじさ…(陣痛来る)んんんん˝!!!」

夫と助産師さんは苦笑い。(笑)

それからもうちょっと!と言われてから1時間くらいいきみ続けて何とか娘誕生。

そのあとは前に書いたトラブル膣壁血種に見舞われ散々な産後でした( ;∀;)

産後最も痛いトラブル!膣壁血腫のリアル経験談

2017.07.18

まとめ

私の初産は時間も娘の体重もいろいろとごく平均的なものでしたし、特に面白みもないかなと思いましたが、改めて振り返ってみると妊娠前から随所にネタが溢れていました。

出産は人それぞれですべて違うものですが、妊娠中に読み漁った出産体験談はどれも参考になったり、勇気づけられたり、笑えたり泣けたり、どれも貴重なものでした。
私のつたない出産体験談もどこかの妊産婦さんにくすっと笑ってもらえるものであると嬉しいです(´▽`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です