仕事と子育ての両立ができない悩み爆発!そんな時は書いちゃおう


子供を連れてのお仕事を始めて1か月が過ぎました。

初めての事務仕事。

しかも事務所には私一人。

正確には私達親子だけ。

子供の相手をしながらのお仕事は本当に大変ですがようやく慣れてきました。

しかし慣れてきた頃に新たな悩みに直面したのです。

それは仕事と子育ての両立。

『仕事と子育ての両立ができない』

ワーママの多くの方がぶつかる悩みだと思うのですが、これを見ているワーママの皆さんはどんな状況ですか?

我が家も結構切実な悩みです。

仕事と子育て、どっちが大事なのよ!


彼女が忙しい彼に向って言うよくあるセリフですが、仕事と私、どっちが大事なのよ!

そんなことを言われそうなくらい仕事と育児の両立がうまくいっていなくて悩みまくっていました。

仕事は短時間だけれど、やっぱり疲れる。

仕事している間は体が拘束されるのでその間は当然家事はできません。

となると家事ができるのは家にいる間だけ。

朝は自分だけでなく子供たちの支度もしないといけないのでとにかく忙しい。

だけど仕事で疲れて、毎朝起きるのがしんどいし、帰ってからもできれば動きたくないくらいにヘトヘト。

気付けば家事がおろそかになっていました。

短時間のパートでも疲れ切っているのに、フルタイムや日勤夜勤があるお仕事をしているワーママさんもとってもお疲れのことと思います。

こんなにも頑張っているんだからたまには誰かに褒めてほしいですよね…。(切実)

家事も育児も子供が死ななければそれでいいとよく聞きますが、実際家事しないと家庭の環境や機能が落ちてしまうし、家事をすることで子供の相手も適当になってしまうという困った板挟みにお悩みというワーママさんもいるのではないかと思います。

仕事に重きを置けば家の中はぐちゃぐちゃ。

ご飯も適当になりがち。

洗濯も気づいたらタオルを使い切ってしまっていたこともありました。

今度は仕事をほどほどに子育てや家事を頑張ろうとすると、仕事で凡ミス連発…

まだ仕事を始めてからたった1ヶ月ですが、両立って難しいなぁと痛感しています。

ちなみに夫は家事はほぼやりません(-“-)

仕事と子育ての両立に今後の計画を立てたらこんな効果が!


仕事と子育ての両立を考えれば考えるほど焦り、悪循環に陥りそうだったので、今後改善していくにはどうすればいいか計画を立てることにしました。

用意したのは手帳とペン。

まずは手帳の後ろの方にあるフリースペースに現状感じていること・困っていることを書きだします。

書きだすことで何に悩み困っているのかが明確に可視化でき、改善への糸口が見つけやすくなりました。

そしてもう1つ、お金の計画です。

ざっくりと毎月の収入額を計算し、何にいくら必要で、いくら余るのか。

少しずつ貯金して、なにを買おうかと考えている時、自分がたまらなくワクワクしていることに気付きました。

今まで私は専業主婦で、夫の頑張ってきてくれた稼ぎの中でやりくりしていたので、必要なもの以外を買うのはとても忍びなくてできずにいました。

しかし自分も働けばその分収入があるので自分のために使えるお金もできていきます。

遠慮や、申し訳なさを感じることなく買い物の計画を立てていることが嬉しかったのです。

もちろん買いたいものはお掃除ロボットなどの便利家電が主ですが(;´∀`)

それで家事が少しでも楽になるのなら、やらなきゃというストレスが軽減され子供にも優しくできるので結果的にとても有意義なものになると言えるのではないでしょうか。

仕事も家事も両立する上でこういったモチベーションを上げるのはとても大事な気がします。

手帳を使いお金の計画をしていてもう1つ良かったことがあります。

手帳なので当然カレンダーがついています。

1ヶ月間で何が必要で、いくら使っているのか振り返ったり計画するのに書き込んだり、指差し数えたりと、こちらもカレンダー上でより可視化できるので計画が立てやすく感じました。

その結果今まで色々と無駄遣いしていたなと気付け、考えを改めることができました。

我が家の財布は夫が握っているので、特に家計簿など付けたことはありませんでしたが家庭のお金の流れを知るというのはやはり必要です。

愛があればお金はいらないみたいな言葉もたまに聞きますが、子育てはお金がかかりますし、自分で稼げるというのは自信につながります。

まとめ

仕事と子育ての両立は軌道に乗せるのもバランスをとるのもなかなか難しいです。

やむを得ず働いている方、好きなことを仕事にしている方、様々な事情がありますが子供がいるとその分自分のキャパを超えてしまうような出来事や瞬間が訪れることがあります。

仕事と子育ての両立にお悩みの方、手帳とペンを持ってお悩みを書いたり、欲しいものを書きだしたりしてみませんか?

いっぱいいっぱいの時こそ客観視してみると抱えていた悩みが実は案外シンプルなことだったり、もやもやが軽くなるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です