新幹線に子連れで乗るのはハードだった!イヤイヤ期は特に考え物


どうもタマです。

2月の3連休を利用して大阪へ新居の契約をしに行ってきました!

いいなと見ていた新築マンションがラス1だったので、まだ現地を見ていない私達母子が実際に見て、よければそのまま契約しよう!という経緯でやってきました。

内見を予約したのが連休初日でしたが、予約の時間が早かったのと、単身生活中の夫がハイパー寂しがっていたので連休前日の仕事が終わった後に新幹線に乗って大阪へ!

が、私1人で2人の子連れ新幹線はかなりハードでした。

特にイヤイヤ期疑惑の1歳の息子がクセモノで…

ということで、今回は子連れ新幹線の反省会をしたいと思います(;´∀`)

新幹線初心者の私×子連れには乗るまでも難関だらけだった


未就学児は自由席なら無料で新幹線に乗れることはなんとなく知っている程度で、自分でチケットを買って新幹線に乗ったのもはるか昔に1度だけ。

普段電車に乗ることもほぼない私に、連休前の夜の新幹線が混んでいることなんて予想できませんでした( ;∀;)

さてここで旅のメンバーを確認しましょう。

  • タマ(仕事帰りでくたびれたアラサー)
  • 娘(保育園帰りでも元気な4歳)
  • 息子(イヤイヤ期疑惑の1歳)
  • 3人分の着替え類(でかいし重い)
  • 新幹線で食べるつもりの夕飯と飲み物3人分(重い)
  • ベビーカーとエルゴ

難関その1.新幹線乗り場までの果てしなき道のり!

在来線とは別に新幹線専用乗り場があるのはわかっていたのですが、こちらは大荷物で子連れ。

しかもベビーカーに息子と荷物を乗せ反対の手で娘と手をつないでいたので、階段を抱えて上がるのは難易度高め。

ということで人混みの中何とか遠回りしてスロープを通り、専用改札を抜けましたが、テンパってしまい時刻やホームの電光掲示板も見る余裕がありませんでした。

難関その2.混雑による弊害

なんとかここかなと思うホームに上がりましたが、ホームには人!人!人!

週末だし、更には連休前なので、スーツ姿の方から若者グループ、家族連れまで様々な人で溢れていました。

2月は閑散期と言われていて、空いていることが多いのですが連休なら話は別。

そのことをすっかり忘れていました。

混みあうホームでベビーカーを押し、娘には後ろで私のリュックのひもを握らせて「すみません、すみません」と謝りながら人混みをかき分けて自由席の乗り場につきましたがそこも当然人が多くてどこにどう並んでいるのかわかりませんでした。

難関その3ホームが違う…!?

テンパって電光掲示板をちゃんと見なかった私。

前回1月にも新幹線で大阪に行っていて、その時と同じホームにいたので大丈夫だと思っていたのですが、乗りたい新幹線はのぞみなのにどういうわけか止まっていた新幹線はひかりやこだま(行けなくはないけど時間かかるやつ)

ホームを間違えていたのか、混雑していたので他のホームからも臨時の便が出ていたのでその影響なのかわかりませんが、大荷物を抱えて隣のホームへ移動しました( ;∀;)

難関その4.「おしっこしたい…」

ようやく自由席を待つ列の先頭に来た時に娘が恐怖の一言を発しました。

「ママ、おしっこしたい…」

家を出る前にトイレを済ませましたが、この日も寒かったのかトイレが近かった娘。

というかこれは子連れのあるあるですよね(;´∀`)

そのタイミングで!?ってやつです。

結局我慢してもらい、新幹線の乗車とともにトイレに駆け込んでもらいました。

新幹線初心者の私×子連れには乗ってからも難関だらけだった


この日は本当に混んでいて、指定席グリーン車も予約で満席。

自由席はというとデッキだけでなく通路にもみっちりと人が立っているほど混雑していました。

「息子が静かでありますように…」

思わずそう願いましたが、幼い子連れの私の願いはあっさりと打ち砕かれました。

東京を出て品川、新横浜辺りまではごはんとおやつで何とかしのげたのですが静岡県に差し掛かる頃には飽きた息子がぐずぐず。

普段からじっとしていることが大嫌いな息子。

新幹線の席も当然おとなしく座っていられるわけがありません。

しかもまだ一人遊びやおもちゃに興味があまりないのか、普段の遊びも走ったりぐるぐる回ったり、トミカやボールをぶん投げるような子。

連れがいれば、娘を見てもらってデッキに出て少し解放してあげることはできたのですが今回は私一人だし、車内も混雑で動けない状況。

次第に泣き声に力が増していく息子を汗かきながら抱っこして座席であやすも、ただむなしく気まずい時間が過ぎていくだけでした…

結局名古屋辺りで力尽きましたが約1時間息子はぐずりっぱなしで、身動きの取れない状況で私も泣きたかったです。

娘は持参したひらがなドリルを楽しそうにしていて、時々声が大きいと注意するくらいで楽でしたが、正直2人の子連れはきついです。

イヤイヤ期なら尚更…。

子連れ新幹線で泣きを見て得た3つの教訓

1.時間と気持ちに余裕を持つ!

テンパってしまうと必要な情報が漏れてしまい2度手間に。

2.混雑具合を考えたスケジューリングを

時間帯や曜日によって空いている時間があるはずなのでそちらに合わせるか、新幹線に乗っている時に昼寝、夜寝の時間が来るように調整して。

3イヤイヤ期はお手上げと思って乗車すべし

娘と違ってうちの息子のようにおとなしく遊べるものがない子はぐずってしまうこと前提で乗りましょう。

ぐずってもすぐ席をはずせるようにドア付近の席に座るのがおすすめ。

私は1番後ろの席にして、席の裏のスペースにベビーカーを置かせてもらいました。

まとめ

子連れでの新幹線乗車は思っていた以上にハードルが高かったです。

連れがいればまだよかったのでしょうが、私一人な上に今回はギリギリで決まってあまり準備する時間もないまま乗ったので散々な目に遭いました(´Д`;)

次回乗る時もきっと1人で2人の子連れて乗ることになると思うのでしっかり準備して乗ろうと思います。

今回はかなり疲れました…。

私みたいにドタバタでくたびれるお母さんがいないことを祈ります(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です