作り置きにおすすめ万能レシピと私の愛読レシピ本3冊を紹介


毎日毎日献立考えてごはん作るのは、時々なんにも思いつかなかったり、ものすごーーーく億劫になることないですか?

私は毎日のようになっています(笑)

平日はパートに出ているのでゆっくり買い物したり作ったりする時間もないので買いだめ、作り置きをフル活用してます。

あるとないとではかなり違うし仕込みだけちょっと頑張れば思わず、あの時の私ありがとう!となりますよ。(笑)

今回は私のよく作る簡単で使いまわしの効く万能ざっくりレシピと愛読しているレシピ本を3冊ご紹介します!

作り置きできて使える!万能レシピ


さて、作り置きするにあたって何を作ればいいのかわからない方へ朗報です。

まず脳内に平野レミさんを召喚してください。

そしてその平野レミさんはこう言うのです。

「そんなの適当にバーッとやればいいのよ!」

これは私が何も思いつかない…!となった時によくやるのですが、平野レミさんがこう言うとなんとなく説得力ありませんか?(笑)

悩むのもばからしくなるというか。

我が家では週2,3回の買い物で旬のものや安い食材を適当に数日分まとめて買い、そこから作り置きおかずを作り、すぐ食べないものはすぐ使える状態に加工して冷凍もしくは冷蔵で保存するようにしています。

今回は作り置きおかずでなおかつ色々と使いまわせる便利で簡単な万能おかずをズボラママのざっくりレシピでご紹介します!

・きのこのマリネ

材料 きのこ2,3種類各1株、油お好みのものを大1くらい、塩コショウ適量
①石づきをとってほぐしたきのこを熱して油をひいたフライパンで炒める
②しんなりしたら塩コショウで味を調えて完成

たったこれだけです!本当に簡単なので毎週のように作っています。

油を胡麻油にしたら和風にも中華風にもなりますし、オリーブオイルなら洋風になります!

バターで作っても風味があっておいしくなりますよ( *´艸`)

これで日持ちは冷蔵3,4日ほどで塩コショウはやや薄めがおすすめ◎

そのままはもちろん、オムレツや煮込み料理などの具材にもなりますし、ポン酢をかけて食べたりしてもおいしいです。

・ゆで卵

材料 卵
①沸いたお湯に入れて10分前後茹でる
②氷水で冷やす

レシピなのか怪しいですがゆで卵もちゃんとしたおかずになります!(;´Д`)

我が家はほぼ毎日お弁当があるのと、夫と娘がゆで卵好きなので冷蔵庫にほぼ入っています。

一度に5,6個茹でて1週間たたないうちに食べきるくらいのペースです。

半分は殻を剥いてめんつゆにつけて味玉に、あとは殻付きのまま冷蔵庫に入れておくか、娘のお弁当用に殻をむいて温かいうちにラップと竹串を使って花型にするととても喜ぶし、食いつきが違いますよ。

やり方はネットで検索すると見られますので気になった方は是非。

粗めに潰してマカロニサラダやポテトサラダに入れてもいいし、マヨネーズと合わせてタルタルソース風にしてもおいしいです。

ゆで卵は地味に時間がかかるので、茹でるだけだしまとめて作っておくのが吉です。

・茹で鶏

材料 鶏むね肉大きめ1枚、砂糖大1、塩小1
①鶏肉は皮をはいで3等分くらいに切り、砂糖と塩をすり込み5分くらい放置する
②出た水分をペーパーで拭きとり、つかるくらいの水が入った鍋に入れて中火にかける
③沸いたらふたをして火を消す
④完全に冷めたら取り出しラップでぴっちり包むか汁ごと密閉容器に入れて保存

これは日持ちは4日ほどです。

ポイントは塩だけでなくお砂糖をすり込むのとお湯からではなく水から茹でることです。

これだけでも鶏むね肉のパサつき具合が変わります!

サラダチキン風のお肉になり、サラダはもちろん、スープの具や、炒め物の具にもなります。

火が通っているので加熱料理に入れるのは時短になって便利ですよ~。

そしてこのレシピのいいところは、お肉本体だけでなく煮汁も鶏のお出汁が出ていて使えるところです!

我が家では溶き卵と刻み葱、あと臭みが気になるかもしれないのでかつお節とおろししょうがを入れて醤油とお塩で味を調えてスープにします!

灰汁が出ているのでキレイに取ってから使うのと、水はどうしても傷みやすいのでこれは早めに使ってくださいね!

お安い鶏むね肉で1度に2つの作り置きができるのは嬉しいですよね。

体重が気になる夫もこれならヘルシーと喜んでくれます。

以上、この3つは簡単なのに万能で、作り置きしたいけど何作ったらいいか悩むという方に本当におすすめしたいレシピでした。

この3つを組み合わせて茹で鶏をソテーとかピカタとかにして、卵マヨソースをかけて、きのこを付け合わせにしたらもうそれだけでメインディッシュの完成です。

お弁当にもお役立ちだと思いますし、ぜひ作ってみてくださいね(*´▽`*)

作り置きの相棒、おすすめレシピ本3冊


さすがに先ほどのレシピ3つだけでは限界があるので、心強い相棒であるレシピ本を3冊ご紹介します!

写真奥から
・のっけごはん100 瀬尾幸子/主婦と生活社
・平野レミのつぶやきごはん 平野レミ/宝島社
・常備菜 飛田和緒/主婦と生活社

飛田和緒さんの常備菜以外は作り置きではないレシピ本ですが、簡単で美味しいレシピがたくさん詰まっているのでぜひご紹介させてください。

・のっけごはん100

これは白ごはんさえあれば乗っけて簡単おいしいよ、なレシピが詰まった本です。

ちょっと疲れたなという時や軽く食べたいなという時にササっとできるものが盛りだくさんで、材料は肉、魚、卵、缶詰・瓶詰、納豆・豆腐・加工品の5つにカテゴライズされているので見やすいです。

ごはん+乗っけもの以外にも汁もののレシピもあって、この本の一番いいなと思ったところが、簡単に手に入る、家に大体あるような食材ばかりでどのレシピもほぼ3ステップでできてしまうお手軽さは超魅力的ですよ。

なんとレシピによってはワンステップで完成してしまうものもあります。(笑)

麺にも合いそうなレシピも多く使い道が多そうなのも良いです。

私がお気に入りのレシピは「目玉焼きと粉チーズ」

黄身がとろとろの目玉焼きをご飯に乗せて粉チーズ、塩と黒コショウ、オリーブオイルをかけて食べます。

簡単美味しい、最高。

・平野レミのつぶやきごはん

これは平野レミさんがツイッターでつぶやいたレシピを集めて本にしたものです。

平野レミさんは「生きる放送事故」としてご存知の方多いと思いますが、あの破天荒な感じが人気でツイッターのフォロワー数も料理家の中では日本一なんですよ。

そんな平野レミさんのツイート、たった140文字の中で紹介される珠玉のレシピと面白ツイートが各ページ写真とアドバイスとともに乗っています。

私も平野レミさん大好きですが、レシピ本で笑ったのは初めてです(;´∀`)

最後のページにはレシピ以外のつぶやきも少し載っているのですが、そこが元気もらえて、すっかり私のバイブルになりました。(笑)

レシピのタイトルも面白いものが多くて

「バカのアホ炒め」「アホだらけのお粥」「モロ平和」「佐藤君dip」

どんなレシピなのかすごく気になりませんか?( *´艸`)

どんなレシピかはぜひ本をご覧ください(笑)

ちなみにアホはスペイン語でニンニクという意味だそうです。

この本の中でお気に入りのレシピは、先日テレビでも紹介されました「砂肝の醤油漬け」

小さめに切った砂肝を熱湯で3分ほど茹でて、醤油大1、ラー油23滴と袋に入れて1時間から一晩ほどおいたら出来上がり。

砂肝は100gほどで醤油とラー油は9:1の割合で作ります。

卵黄を乗せて食べると辛さがマイルドになっておいしいですよ。

おかずでもいけるけどおつまみに最高!

テレビでは23滴がベスト!24滴超えるとマズいのよ!とおっしゃっていましたが、本にはラー油を増やせば激辛に!とあったので多分23滴超えてもおいしいです(笑)

ちなみに日持ちは10日ほどらしいですが段々砂肝が締まってきてしまうので、早めに食べるのがベター。

これだけ日持ちするので作り置きにも良さそうですよね。

私は砂肝の皮をむきましたが、小さめに切るのでそのままでも大丈夫そうです。

夫はこのタレがお気に入りで、食べた後残った汁にご飯を入れて食べます。

すごくジャンキーな味がするそうですよ(笑)

先日も作りましたが、さっと茹でたニラを合わせるのもすごく合いました◎

この本の帯に書いてあったことが主婦として少し自信のもらえる言葉だったのでご紹介させてください。

「どんなに時間とお金をかけてでも、おいしい料理を追求するのが、いい「シェフ」。なんとか時間をかけないで、おいしい料理を作るのが、いい「シュフ」だと思うの。」

時短料理や作り置きは手抜きだと以前何かで見てモヤモヤとしていましたが、この言葉を見たらそれをすべて肯定してもらえた気がして自信を持てました。

平野レミさん、好きです。

・常備菜

この本はタイトルの通り、作り置きできる常備菜のレシピが盛りだくさんの本です。

肉、魚、お野菜、乾物、卵、豆・大豆加工品あと、たれ・ソースと甘いものちょこっと全109レシピのボリュームです!

どのレシピも大体の日持ち日数と食べ方、アレンジのヒントが載っていて作り置きの強い味方になりました。

中でもお野菜のレシピが多くいろんな種類のお野菜のレシピがちょっとずつ載っているのでどの季節でも対応できます。

どのレシピも派手さはないけどホッとするもので、シンプルなので飽きが来ないです。

この中でお気に入りのレシピは表紙にもなっています「マカロニサラダ」

マカロニ以外の材料はすべて細切り、薄切りで、ニンジン、ピーマン、紫玉ねぎ(もしくは玉ねぎ)、ロースハムで、ニンジンは塩を振ってしんなりさせて水気を切ります。

表示時間通り茹でたマカロニを熱いうちにボウルに入れ、玉ねぎを加えて軽く混ぜたら5分ほどおき、すし酢を加える。

冷めたら残りの材料とマヨネーズをあえて、塩コショウで味を調えれば完成。

下味にすし酢を使うとマヨネーズの味がぐんとよく乗ります。

マカロニは決してアルデンテにせず柔らかめに茹でた方が味のなじみが良くなるそうです。

これで日持ちは3日ほどです。

ハムも入り、お野菜も細かくすることで子供が良く食べてくれます(*´▽`*)

常備菜ということで巻末には味付けや日持ちなど気をつけたいことが書かれているので、作り置きを始めたいという方は持っていて損はない本だと思いました。

まとめ

作り置きのおすすめレシピとレシピ本を3つずつご紹介しました。

作り置きのおかずがあるだけで夕飯やお弁当を作る時間がうんと楽になります。

紹介したレシピは簡単なものばかりですし、本も参考になるものを厳選しました。

良かったら作ってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です