ワンオペ育児でイライラしてたら子供に説教されて目が覚めた


夫の単身赴任でワンオペ育児となった私。

転職前の夫は早朝に家を出て、日付が変わるころに帰宅するような生活をしていたので、ワンオペ状態の生活は長かったので何とかなるかと思っていました。

しかしいざ始まってみると小さなことが積もり積もってイライラしやすく。

毎日常にイライラしているような状態に陥ってしまった私に、娘のお説教がぐさーっと刺さりました。

情けないですが、娘のおかげで持ち直せました(;´∀`)

突然始まったワンオペ育児の辛さ


仕事と家の関係でひとまず単身赴任になった夫。

そしてワンオペ育児で仕事もしている私。

冒頭でも書いた通り、ワンオペ状態の生活は長かったので何とかなるだろうと思っていましたが

あれ…?辛い。しかもすごくイライラする!

日々の育児、家事、仕事。

すべて一人でこなさないといけません。

それに合わせて、私達親子の引っ越しのめどが全く立たないことへのイライラ。

そのストレスから体調もいまいちで更にイライラ。

気付けば常にイライラしている状態に陥っていました。

下の子はイヤイヤ期に差し掛かっていて、気に入らないことがあるとすぐに寝転んだり地団太を踏んで抗議するように。

外ならまだいいのですが、家の中でもお構いなしにやるので下のお宅にまた苦情を言われるのではないかという思いから「うるさい!」と怒鳴ることが増えました。

これがきっかけかはわかりませんが、何かと「うるさい!」挙句に「うるさいんだよ!」ときつい言葉で怒鳴ってしまう最悪な母になり果ててしまいました。

自己嫌悪でしたが、とにかく余裕がなくて、気付けばまた怒鳴ってしまう。そんな日々を過ごしていました。

ワンオペのイライラを娘が止めた!?


ある日の夕方、仕事と保育園から帰宅し夕飯を作っているとまた息子が怒り泣きしながら地団太。

「うるさ…!」

怒鳴ろうとしたときに娘が言いました。

「ママ、うるさい!って言ったらだめなんだよ。先生が言ってたよ。」

あっけにとられつつ、じゃあなんて言えばいいの?と聞くと

「静かにしようね。とか、ドンってするとびっくりしちゃうからやめようね。とかだよ!」

これを聞いて、娘が保育園で私のようにうるさい!と言ってしまっているのか、私はただ感情的になっているだけで、「どうしたらいいか」まで子供を導けていなかったと様々な考えが頭をめぐりました。

ガチのワンオペが始まってから、子供達は私のいうことを以前ほど聞かなくなりました。

私がどんなに怒っても、子供達二人でへらへら笑って無視することが多くなっていたのです。

私はただ単にビシッと言ってくれるパパがいなくて、私がなめられていると思い込み更にイライラを深めてしまいましたが、実際のところ、子供の心に残らないただの八つ当たりのような怒り方しかしていなかったのだと気づきました。

2児の母だというのに、29歳だというのに、4歳の娘に説教されるのは何とも情けないし恥ずかしいです…。

でも、おかげでハッとさせられました。

ワンオペはしんどい。イライラもする。だけど


ワンオペはやっぱりしんどいです。

全部自分がやらないといけないと思って、気を張るし、体力もガンガン削られる。

そうして疲れてくると気持ちに余裕を持てなくなっていきます。

やがて私のようにイライラ魔人と化します。

でも、だからと言って子供にあたっていい理由なんて一つもないんですよね。

それはそれ。これはこれ。

どうせしんどいんだから楽しむ工夫をしたり手を抜くことも覚えること。

娘のお説教に気付かされてからは、とにかくワンオペでもいかに手を抜くか。

そして、子供達をしっかりと導けるような話し方ができているか。

そんなことを考えながら生活するようになりました。

そのおかげで、一番ひどかった時よりもイライラすることが減ったように感じます。

疲労を感じたら子供と一緒に寝てしまう。

たまには栄養よりも子供が喜ぶことを考えた食事にしてみる。

とりあえず笑ってみる。

これだけでだいぶ変わりました。

まとめ

ワンオペで余裕のなさから子供達をただ感情的に怒鳴りつけるようになってしまった私。

しかし、娘の一言で目が覚めました。

育児は育自という言葉もありますが本当にそう。

子供を育てているつもりが、逆に育てられてしまいました。

おわりの見えないワンオペ生活ですが、娘のおかげでイライラが軽減されて、何なら人としてのレベルが上がったような気がします(調子乗り)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です